月別: 2021年5月

2021年5月15日 花粉情報

未明から晴、弱い北よりの風が明け方から東の風、朝から南風が吹き(35m/s)、気温が上がり(午前5時:19.0℃)、暑いくらいとなり(午前11時:23.6℃)、その後も上がり続け午後1時には26.5℃まで上がりました。KH3000の記録数も数日振りに二桁の記録が続きました。何らかの花粉が飛散していることを示しています。本日の記録は7.1/m3・時(やや多い)でした。

昨年と比較して今年はカバノキ科、ブナ科、イネ科、ニレ科などの飛散花粉数が圧倒的に多く、一昨日すでに昨年の同期1週間に飛散した数を超えていました。今年は2〜4月の気温が記録的に高く、スギ花粉の飛散も例年より早期でした。花粉の飛散期が大きく変動しているように思われます。本日、九州、四国、中国地方で梅雨入りしました。四国は観測史上最も早く、九州、中国地方は史上2番目に早いそうです。

種別 観測期間
5/10〜5/15 昨年(5/10〜5/16)
スギ 0.0 0.0
ヒノキ 0.6 0.9
マツ科(アカマツ、クロマツ他) 47.8 66.4
カバノキ科(ハンノキ、シラカンバ他) 31.7 0.3
ブナ科(コナラ、クヌギ、クリ) 35.9 9.3
イネ科(カモガヤ、イネ他) 9.5 1.5
ニレ科(ケヤキ) 13.0 1.5
その他(イチョウ、クルミ他を含む) 81.3 213.9
合計 219.9 293.8

昨年と今年の観測で一点異なる点があります。ブナ科ですが、昨年はクリをその他に算入しましたが、今年はブナ科として算入しました。


2021年5月14日 花粉情報

日付が変わった直後から曇り、やや風がある(1〜3m/s)けれど、気温は今夜も下がる事なく(午前5時:17.0℃)、暖かでした。落下法によって観測された花粉は計9.9個/cm2でした。KH3000の記録数も昨日よりは多いものの引き続き少なく、毎時一桁でした。結果、本日の記録は2.2個/m3・時(少ない)でした。

昨年と比較して今年はカバノキ科、ブナ科、イネ科、ニレ科などの飛散花粉数が圧倒的に多く、昨日すでに昨年の同期1週間に飛散した数を超えていました。今年は2〜4月の気温が記録的に高く、スギ花粉の飛散も例年より早期でした。花粉の飛散期が大きく変動しているようです。

種別 観測期間
5/10〜5/14 昨年(5/10〜5/16)
スギ 0.0 0.0
ヒノキ 0.3 0.9
マツ科(アカマツ、クロマツ他) 30.5 66.4
カバノキ科(ハンノキ、シラカンバ他) 19.1 0.3
ブナ科(コナラ、クヌギ、クリ) 22.6 9.3
イネ科(カモガヤ、イネ他) 7.6 1.5
ニレ科(ケヤキ) 9.3 1.5
その他(イチョウ、クルミ他を含む) 57.6 213.9
合計 147.1 293.8

2021年5月13日-2 花粉情報

日付が変わった直後から雨、やや風がある(2〜3m/s)けれど、気温は然程下がる事なく(午前5時:15.5℃)、一日中小雨が降り続きました。そのため、落下法によって観測された花粉は計1.5個/cm2・日(少ない)でした。KH3000の記録数も引き続き少なく、毎時0と1が並びました。雨で飛散が止まるのはスギ、ヒノキ花粉だけではないようです。結果、本日の記録は0.3個/m3・時(少ない)でした。


2021年5月13日-1 花粉情報

昨年と比較して今年はカバノキ科、ブナ科、イネ科、ニレ科などの花粉の飛散花粉数が圧倒的に多く、昨日すでに昨年の同期1週間に飛散した数を超えていました。

種別 観測期間
5/10〜5/13 昨年(5/10〜5/16)
スギ 0.0 0.0
ヒノキ 0.3 0.9
マツ科(アカマツ、クロマツ他) 29.9 66.4
カバノキ科(ハンノキ、シラカンバ他) 18.2 0.3
ブナ科(コナラ、クヌギ、クリ) 17.7 9.3
イネ科(カモガヤ、イネ他) 7.3 1.5
ニレ科(ケヤキ) 9.0 1.5
その他(イチョウ、クルミ他を含む) 54.8 213.9
合計 137.2 293.8

2021年5月12日 花粉情報

昨夜からの曇り空が続き、やや風があるが(34m/s)、朝は昨日よりは気温が下がったものの暖かく(午前6時:16.5℃)、日中に向けて気温が上昇する傾向が見られました。しかし、曇りが続き20.3℃(午後1時)止まりでした。KH3000の記録数は引き続き少なく、2.6/m3・時(少ない)を記録しました。花粉の飛散も少なかったと思われます。


2021年5月11日-2 花粉情報

ここ数日寒暖差の激しい天候が続いています。このまま気温の上昇が続くと多くの皆様が衣替えを行うと思います。衣替えは転居、大掃除と並んで室内塵アレルギー悪化の契機となりますので、行う場合は室内塵に対する吸入防止対策を十分に施して下さい。


2021年5月11日-1 花粉情報

雨が降ることなく曇り空が続き、やや風があるが(3〜4m/s)、暖かく(午前6時:18.0℃)、むしろ日中に向けて気温が低下する傾向が見られ、一時小雨が降りましたが、風が穏やかで気温は変わらずでした。KH3000の記録数は減少して、 本日、KH3000は3.1個/m3・時(少ない)を記録しました。


2021年5月10日-2 花粉情報

今後、週単位で観測する花粉ですが、当地でも飛散が認められるならば、以下の花粉を観察し、可能な限り判別したいと思います。いずれも花粉症を引き起こす可能性が指摘されています。

◎木本植物(裸子植物)

・イチョウ(イチョウ科イチョウ属:5〜8月:4月中旬、1978舘野)

・クロマツ、アカマツ(マツ科マツ属:5月上旬、1974〜5藤崎)

・スギ(ヒノキ科スギ亜科スギ属:3月上旬〜中旬、1963斎藤・堀口)

・ヒノキ(ヒノキ科ヒノキ属:4月上旬)

◎木本植物(被子植物)

・テウチグルミ(クルミ科クルミ属:4月上旬、1976加藤)

・ハンノキ(カバノキ科ハンノキ属:1〜5月ピーク3〜4月中旬、1970水谷)

・オオバヤシャブシ(カバノキ科ハンノキ属:1〜5月、1989中原)

・シラカンバ(カバノキ科ハンノキ属:4月〜6月上旬、1969我妻)

・コナラ(ブナ科コナラ属:4〜5月、1969降矢)

・クヌギ(ブナ科コナラ属:4〜5月、1969降矢)

・クリ(ブナ科クリ属:6月上旬、1984宇佐神)

・ケヤキ(ニレ科ケヤキ属:4〜5月、1975清水)

・ギンヨウアカシア(マメ科ネムノキ亜科アカシア属、1979宇佐神)

・ソメイヨシノ(バラ科サクラ属:4月上旬、1985永井)

◎草木植物(単子葉類)

・ガマ、ヒメガマ(イネ目ガマ科ガマ属:6〜7月、1971宇佐神)

・カモガヤ(イネ科カモガヤ属:5〜6月、1964杉田)

・イネ(イネ科イネ属:3〜10月、1969木村)

・スズメノカタビラ(イネ科イチゴツナギ属:3〜5月、1985高橋)

末尾の数字と人名はそれぞれの花粉症の報告年と報告者名です。


2021年5月10日-1 花粉情報

晴れて夜間の風も穏やかになり(1〜4m/s)、明け方にはKH3000の記録数も減少しました。本日も暖かな朝(午前5時:17.5℃)でした。昼過ぎには南風になりさらに気温が上昇しましたが、2日続けて「夏日」にはなりませんでした(午後2時:24.5℃)。KH3000は昼から二桁を記録、昨日と同じ傾向を示しました。多分、多くの花粉が観測されると思います。夜になると曇って、やや気温がさがりました。 本日、KH3000は、9.6個/m3・時(やや多い)を記録しました。


2021年5月9日-2 花粉情報

スギ、ヒノキ花粉の飛散も収束して、スギ・ヒノキ花粉症の皆様は安堵しておられると思います。とはいえ、アレルギーの心配が無くなったわけではありません。例年、花粉のシーズンが終わりしばらく軽快していた方が、5月の連休後に再び症状の悪化が見られる方が少なくありません。
それは、花粉症と考えられている患者さんの多くが、スギ・ヒノキ花粉だけでなく、複数の花粉が原因である、あるいは室内塵(ダニ、カビ、動物の抜け毛・フケその他)に対してもアレルギーを起こす方が少なくないからに他なりません。
5月になり、暖かな日々が続いています。この天気はダニの繁殖に適しています。室内塵中のダニは寿命3〜4ヶ月(平均約10日で成虫まで育つ)で梅雨から夏(気温20〜30℃、湿度60〜80%)にかけて盛んに繁殖し(1匹あたり100個以上の卵を産む)、死骸や糞(毎日5個平均)を含めるとダニアレルゲン量として秋口に最大となります。

昨年から年間を通じて観測を続けた結果、当地でも想像をはるかに超える多種多様な花粉の飛散を認めました。小生が未熟なため飛散花粉の全てを判別することができませんが、できる限り観測を続けたいと考えています。

今シーズンの当地の花粉情報はお役に立ちましたでしょうか?
スギ、ヒノキ花粉は本日も観測されませんでしたので、本日をもって連日の観測を終了いたします。今後は夏から秋の花粉について1週間単位で観測を続け、当院のHP:https://endo-jibika.comに公表いたします。ご利用いただけましたら、幸いです。スギ、ヒノキ花粉につきましては、今シーズンと同じ様式で来春情報をお送りいたします。

現在はスギ、ヒノキの飛散が終わり、カモガヤ花粉の飛散も少なく、アレルギー性鼻炎の抗原が少ない時期です。多くの患者様の症状が軽快していると思いますが、軽快しない方、今後改めて症状が悪化する方は、スギ、ヒノキ以外の原因があると考えられます。そのような方は、原因について再考をお勧めします。


2021年5月9日-1 花粉情報

曇り空が朝には晴れ、強い南風(9〜12m/s)が吹き、気温が非常に高くなり(午前5時:21.0℃)、午前中はそのまま晴れました。当地は「19日振りの夏日」および「黄砂が飛来」との予報通り、午後2時には27.5℃を記録しました。
KH-3000は本日も夜間は低値のままでしたが午前8時過ぎから日曜日で山手通りの交通量も少ないのに二桁を記録。黄砂を感知しているのでしょうか?。顕微鏡での観察では、汚れは認められず、気温の上昇と強い風でその他の花粉が多数飛散したようでした。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
5/9 0.0 0.3 99.3 9.8

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2(4/15に飛散終了しました)、ヒノキ花粉0.3個/cm2(5/5に飛散終了しました)でした。その他の花粉は予想通り99.3個/cm2(非常に多い)でした。内訳はカバノキ科(シラカンバ4.0個/cm2、ハンノキ0.9個/cm2、オオバヤシャブシ0.0個/cm2)、コナラ属(コナラ4.9個/cm2、クヌギ2.5個/cm2、クリ25.3個/cm2)、マツ22.2個/cm2、イネ科3.1個/cm2、ソメイヨシノ3.7個/cm2、ケヤキ12.0個/cm2(4月1日まで不明と判断していました)、不明20.7個/cm2(内イチョウ0.9個/cm2、テウチグルミ0.0個/cm2、スゲ1.5個/cm2)でした。
当院のKH3000の測定値は9.8個/m3・時(やや多い)でした。KH-3000はスギとヒノキ両者をカウントしています。また、その他の花粉と浮遊粒子の一部を感知している可能性があります。この時期は非常に多種の花粉が飛散していて、それぞれ花粉症の原因となるとの報告があります。この時期に明らかな症状のある方は、原因がスギ、ヒノキ以外の花粉かも知れません。また、炎症及び寒暖差による刺激症状も否定できません。もう暫くご注意ください。

花粉自動計測器(KH-3000)

その他の花粉の集落

再飛散したと思われるスギ花粉(汚染物質の付着あり)


2021年5月8日-2 花粉情報

花粉飛散終了日:『空中花粉測定と花粉情報標準化』委員会の基準では飛散終了期に、3日連続して、ダーラム法で0個/㎝2/日の観測数が記録された最初の日の前日と定義されています。したがって、当地のヒノキ花粉の飛散終了日は昨年と同じ5月5日となります。
当地におけるスギ、ヒノキ花粉の飛散期は5月5日で収束しました。そこで日毎の観測は10日までといたします。

ヒノキ花粉飛散状況

年 度 飛散開始 最大飛散 飛散数 飛散終了
2001年 3/20 4/15 89.2 4/29
2002年 3/2 3/21 60.5 4/25
2003年 2/26 4/19 32.7 5/9
2004年 3/28 4/9 9.9 4/26
2005年 3/18 4/7 795.7 5/21
2006年 3/25 3/26 18.8 5/6
2007年 3/22 3/29 41.4 5/11
2008年 3/16日 3/29 74.7 5/1
2009年 3/7 4/8 107.4 5/4
2010年 3/16 4/7 17.6 4/30
2011年 3/16 4/7 360.8 5/15
2012年 3/27 4/13 16 5/6
2013年 3/6 3/30 220.7 5/1
2014年 3/16 3/29 133.6 5/12
2015年 3/4 3/31 28.4 5/1
2016年 3/15 3/31 81.2 5/8
2017年 3/16 4/15 50.6 5/11
2018年 3/1 3/30 814.5 5/1
2019年 3/1 4/5 252.5 5/25
2020年 3/11 3/22 57.4 5/5
2021年 3/11 3/30   76.5 5/5

 


2021年5月8日-1 花粉情報

昨日の雨も夜には止み、本日は未明から晴れ、風は弱く(1〜3m/s)、気温が高いまま朝を迎え(午前5時:14.5℃)、午前中はそのまま晴れました。風は終日南寄りの風で日中の気温も急上昇しました。一方、KH-3000は低値のままでした。昼過ぎから曇り空となり、やや強い風が吹き、その後は思いの外気温は上がりませんでした(午後1時:24.0℃)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
5/8 0.0 0.0 26.2 3.8

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2(4/15に飛散終了しました)、ヒノキ花粉0.0個/cm2でしたのでヒノキの飛散終了は2月5日(昨年と同じ日)となりました。その他の花粉は26.2個/cm2でした。内訳はカバノキ科(シラカンバ2.8個/cm2、ハンノキ0.3個/cm2、オオバヤシャブシ0.0個/cm2)、コナラ属(コナラ1.5個/cm2、クヌギ1.5個/cm2、クリ8.0個/cm2)、マツ2.5個/cm2、イネ科1.9個/cm2、ソメイヨシノ2.8個/cm2、ケヤキ3.1個/cm2(4月1日まで不明と判断していました)、不明1.9個/cm2(内イチョウ0.0個/cm2、テウチグルミ0.6個/cm2、スゲ0.0個/cm2)でした。
当院のKH-3000の測定値は3.8個/m3/時(少ない)でした。KH-3000はスギとヒノキ両者をカウントしています。また、その他の花粉と浮遊粒子を感知している可能性があります。この時期は非常に多種の花粉が飛散していて、それぞれ花粉症の原因となるとの報告があります。この時期に明らかな症状のある方は、原因がスギ、ヒノキ以外の花粉かも知れません。

花粉自動計測器(KH-3000)


2021年5月7日 花粉情報

未明から曇りが続き、風はなく(1〜2m/s)、気温が高いまま(午前5時:17.0℃)朝を迎え、日中もそのまま曇りでした。昼過ぎから小雨になり、その後は終日小雨が続きました。気温も20.0℃(午後2時)止まりでKH-3000の測定値は低いままでした(0〜3個/m3/時)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
5/7 0.0 0.0 9.0 1.3

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2(4/15に飛散終了しました)、ヒノキ花粉0.0個/cm2(少ない)でした。ヒノキの飛散終了が近いと思われます。その他の花粉は9.0個/cm2でした。
本日は全てその他の花粉で、内訳はカバノキ科(シラカンバ0.9個/cm2、ハンノキ0.0個/cm2、オオバヤシャブシ0.0個/cm2)、コナラ属(コナラ0.0個/cm2、クヌギ0.0個/cm2、クリ0.9個/cm2)、マツ0.0個/cm2、イネ科0.9個/cm2、ソメイヨシノ2.5個/cm2、ケヤキ0.0個/cm2(4月1日まで不明と判断していました)、不明3.4個/cm2(内イチョウ0.6個/cm2、テウチグルミ0.0個/cm2、スゲ0.0個/cm2)でした。
当院のKH-3000の測定値は1.3個/m3/時(少ない)でした。KH-3000はスギとヒノキ両者をカウントしています。また、その他の花粉と浮遊粒子を感知している可能性があります。この時期は非常に多種の花粉が飛散していて、それぞれ花粉症の原因となるとの報告があります。この時期に明らかな症状のある方は、原因がスギ、ヒノキ以外の花粉かも知れません。雨で一息つけましたが、もう暫くご注意ください。

花粉自動計測器(KH-3000)


2021年5月6日 花粉情報

朝まで小雨が続きましたが、強い風はおさまり(1〜2m/s)、気温が高いまま(午前5時:16.5℃)朝を迎え、日中は晴れて最高24.5℃(午後2時)まで上がりました。KH-3000の測定値は昨日から続けて0〜1個/m3/時でしたが、午後にやや多くなりました。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
5/6 0.0 0.0 30.2 3.5

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2(4/15に飛散終了しました)、ヒノキ花粉0.0個/cm2(少ない)でした。ヒノキの飛散終了が近いと思われます。その他の花粉は30.2個/cm2でした。
本日もその他の花粉が大半で、内訳はカバノキ科(シラカンバ0.3個/cm2、ハンノキ0.0個/cm2、オオバヤシャブシ0.0個/cm2)、コナラ属(コナラ3.7個/cm2、クヌギ0.3個/cm2、クリ4.9個/cm2)、マツ0.3個/cm2、イネ科2.5個/cm2、ソメイヨシノ10.2個/cm2、ケヤキ1.5個/cm2(4月1日まで不明と判断していました)、不明6.8個/cm2(内イチョウ0.3個/cm2、テウチグルミ0.0個/cm2、スゲ0.3個/cm2)でした。
当院のKH3000の測定値は3.5個/m3/時(少ない)でした。KH-3000はスギとヒノキ両者をカウントしています。また、その他の花粉と浮遊粒子を感知している可能性があります。この時期は非常に多種の花粉が飛散していて、それぞれ花粉症の原因となるとの報告があります。この時期に明らかな症状のある方は、原因がスギ、ヒノキ以外の花粉かも知れません。雨で一息つけましたが、もう暫くご注意ください。

花粉自動計測器(KH-3000)


2021年5月5日 花粉情報

夜間は引き続き晴れ、南寄りの強い風(7〜10m/s)が吹き、気温が高いまま朝を迎え(午前5時:15.5℃)、朝は気温が急上昇して午前9時には21.8℃まで上がりました。最高24.5℃(午後2時)まで上がりました。KH-3000の測定値は昨日から続けてほぼ一桁でした(連休で大気が清浄なためと思われます)。
本日は夕方から雨の予報でした。当地では昼過ぎから小雨が降り出しましたので、雨に備えて13:00にプレパラートを交換しました。13:00までは様々な花粉が観測されました。13:00以後は小雨が降ったり止んだりの天気が続き、本格的な雨は降りませんでしたが、落下花粉は減少しました。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
23:00〜13:00 0.6 0.3 27.2 2.1
13:00〜23:00 0.0 0.3 7.1 1.0
5/5 0.6 0.6 34.3 3.1

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.6個/cm2(4/15に飛散終了しました)、ヒノキ花粉0.6個/cm2(少ない)でした。ヒノキの飛散終了が近いと思われますが、再飛散の花粉が観測されるようで、なかなか終わりません。もう暫く毎日観測します。その他の花粉は34.3個/cm2でした。
本日もその他の花粉が大半で、内訳はカバノキ科(シラカンバ1.9個/cm2、ハンノキ0.3個/cm2、オオバヤシャブシ0.0個/cm2)、コナラ属(コナラ3.1個/cm2、クヌギ0.3個/cm2、クリ11.4個/cm2)、マツ5.2個/cm2、イネ科0.9個/cm2、ソメイヨシノ1.5個/cm2、ケヤキ0.6個/cm2(4月1日まで不明と判断していました)、不明9.0個/cm2(内イチョウ0.0個/cm2、テウチグルミ0.0個/cm2、スゲ0.3個/cm2)でした。
当院のKH-3000の測定値は3.1個/m3/時(少ない)でした。KH-3000はスギとヒノキ両者をカウントしています。また、その他の花粉と浮遊粒子を感知している可能性があります。この時期は非常に多種の花粉が飛散していて、それぞれ花粉症の原因となるとの報告があります。この時期に明らかな症状のある方は、原因がスギ、ヒノキ以外の花粉かも知れません。また、大気の乾燥による炎症及び寒暖差による刺激症状も否定できません、雨で一息つけましたが、もう暫くご注意ください。

花粉自動計測器(KH-3000)


2021年5月4日 花粉情報

引き続き晴れて、夜間は風も穏やか(0〜2m/s)でしたが、明け方は、やや気温が下がりました(午前5時:12.0℃)、ところがその後は南風が吹き、気温が急上昇して午前9時には20.0℃を超え、最高24.5℃(午後2時)まで上がりました。KH-3000の測定値は昨日から続けて一桁でした(連休で大気が清浄なためと思われます)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
5/4 0.0 0.3 24.7 4.8

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2(4/15に飛散終了しました)、ヒノキ花粉0.3個/cm2(少ない)でした。ヒノキの飛散終了が近いと思われますが、再飛散の花粉が観測されるようで、なかなか終わりません。もう暫く毎日観測します。その他の花粉は24.7個/cm2でした。
本日は、その他の花粉が大半で、内訳はカバノキ科(シラカンバ2.8個/cm2、ハンノキ0.9個/cm2、オオバヤシャブシ0.0個/cm2)、コナラ属(コナラ0.6個/cm2、クヌギ0.6個/cm2、クリ1.2個/cm2)、マツ2.2個/cm2、イネ科3.1個/cm2、ソメイヨシノ3.4個/cm2、ケヤキ0.9個/cm2(4月1日まで不明と判断していました)、不明9.0個/cm2(内イチョウ1.5個/cm2、テウチグルミ0.3個/cm2、スゲ0.6個/cm2)でした。
当院のKH-3000の測定値は4.8個/m3/時(やや多い)でした。KH-3000はスギとヒノキ両者をカウントしています。また、その他の花粉と浮遊粒子を感知している可能性があります。この時期は非常に多種の花粉が飛散していて、それぞれ花粉症の原因となるとの報告があります。この時期に明らかな症状のある方は、原因がスギ、ヒノキ以外の花粉かも知れません。また、大気の乾燥による炎症及び寒暖差による刺激症状も否定できません、雨で一息つけましたが、もう暫くご注意ください。

花粉自動計測器(KH-3000)

おそらくヒメカンスゲ花粉

集落を作る花粉

おそらくサワラ花粉


2021年5月3日 花粉情報

夜間は晴れて、風も穏やか(2〜4m/s)でしたが、やや気温が下がりました(午前5時:12.5℃)、日中は南風が吹き、気温が上昇 (午後1時:21.5℃)しました。KH-3000の測定値は昨夜からほぼ1日続けて一桁でした。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
5/3 0.6 0.6 20.7 4.3

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.6個/cm2(4/15に飛散終了しました)、ヒノキ花粉0.6個/cm2(少ない)でした。ヒノキの飛散終了が近いと思われます。その他の花粉は20.7個/cm2でした。
本日は、その他の花粉が大半で、内訳はカバノキ科(シラカンバ2.8個/cm2、ハンノキ0.3個/cm2、オオバヤシャブシ0.0個/cm2)、コナラ属(コナラ3.1個/cm2、クヌギ0.0個/cm2、クリ0.9個/cm2)、マツ2.8個/cm2、イネ科0.6個/cm2、ソメイヨシノ2.5個/cm2、ケヤキ0.6個/cm2(4月1日まで不明と判断していました)、不明7.1個/cm2(内イチョウ1.5個/cm2、テウチグルミ0.0個/cm2)でした。
当院のKH-3000の測定値は4.3個/m3/時(やや多い)でした。KH-3000はスギとヒノキ両者をカウントしています。また、その他の花粉と浮遊粒子を感知している可能性があります。この時期は非常に多種の花粉が飛散していて、それぞれ花粉症の原因となるとの報告があります。この時期に明らかな症状のある方は、原因がスギ、ヒノキ以外の花粉かも知れません。また、大気の乾燥による炎症及び寒暖差による刺激症状も否定できません、雨で一息つけましたが、もう暫くご注意ください。

花粉自動計測器(KH-3000)

スギ花粉


2021年5月2日 花粉情報

未明には晴れて、やや強い南風が吹き(8〜10m/s)、気温が上昇(午前5時:16.0℃)、その後も気温の上昇が続きました(午後2時:23.5℃)。KH-3000の測定値は昨夜から朝まで0個/m3/時でしたが午前7時頃から何らかの花粉を感知しました。昼前から風向きが変わり、やや強い風が吹き(7〜10m/s)、午後から一時小雨が続き、観測数が上昇しました。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
5/2 0.3 0.6 40.1 6.0

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.3個/cm2(4/15に飛散終了しました)、ヒノキ花粉0.6個/cm2(少ない)でした。ヒノキの飛散終了が近いと思われます。その他の花粉は40.1個/cm2でした。
本日は、その他の花粉が大半で、内訳はシラカンバ3.1個/cm2、ハンノキ0.9個/cm2、オオバヤシャブシ0.0個/cm2、コナラ属(コナラ4.9個/cm2、クヌギ2.5個/cm2、クリ6.2個/cm2)、マツ7.1個/cm2、イネ科3.1個/cm2、ソメイヨシノ4.3個/cm2、ケヤキ1.5個/cm2(4月1日まで不明と判断していました)、不明6.5個/cm2(内イチョウ1.5個/cm2、テウチグルミ0.0個/cm2)でした。
当院のKH-3000の測定値は6.0個/m3/時(やや多い)でした。KH-3000はスギとヒノキ両者をカウントしています。また、その他の花粉と浮遊粒子を感知している可能性があります。この時期は非常に多種の花粉が飛散していて、それぞれ花粉症の原因となるとの報告があります。この時期に明らかな症状のある方は、原因がスギ、ヒノキ以外の花粉かも知れません。また、大気の乾燥による炎症及び寒暖差による刺激症状も否定できません、雨で一息つけましたが、もう暫くご注意ください。

花粉自動計測器(KH-3000)

ブナ科の花粉と思われるが、コナラ、クヌギ、クリとは異なる


2021年5月1日-3 花粉情報

晴れて風も弱く(2m/s)、温かく(午前5時:14.5℃)、その後も気温の上昇が続き(午後2時:23.5℃)。KH-3000の測定値も比較的少数のまま推移しました。ところが午後から大変強い風(10〜14m/s)吹き、夕方から雨となり、次第に大雨となると測定値が0個/m3/時となりました。鏡検像は汚れが目立ち、強い風が吹いたことを伺わせました。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
5/1 0.0 0.0 39.5 4.6

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2(4/15に飛散終了しました)、ヒノキ花粉0.0個/cm2(少ない)でした。ヒノキの飛散終了が近いと思われます。その他の花粉は39.5個/cm2でした。
本日は、その他の花粉だけしか観測されず、内訳はシラカンバ4.0個/cm2、ハンノキ0.9個/cm2、オオバヤシャブシ0.0個/cm2、コナラ属(コナラ5.2個/cm2、クヌギ1.5個/cm2、クリ3.7個/cm2)、マツ9.9個/cm2、イネ科2.5個/cm2、ソメイヨシノ4.0個/cm2、ケヤキ0.6個/cm2(4月1日まで不明と判断していました)、不明7.1個/cm2(内イチョウ0.6個/cm2、テウチグルミ0.0個/cm2)でした。
当院のKH-3000の測定値は4.6個/m3/時(やや多い)でした。KH-3000はスギとヒノキ両者をカウントしています。また、その他の花粉と浮遊粒子を感知している可能性があります。この時期は非常に多種の花粉が飛散していて、それぞれ花粉症の原因となるとの報告があります。この時期に明らかな症状のある方は、原因がスギ、ヒノキ以外の花粉かも知れません。また、大気の乾燥による炎症及び寒暖差による刺激症状も否定できません、雨で一息つけましたが、もう暫くご注意ください。

花粉自動計測器(KH-3000)
花粉とともに汚れが目立ちます

 


2021年5月1日-2 花粉情報

東京都花粉症対策委員会は本年1月21日に開催された委員会で今シーズンの飛散予測を発表いたしました。その予測に基づいて当地(品川)の予測値を求めますと、

1.飛散総数は3000〜4550個/cm2・シーズン

2.飛散開始日は2月10日前後

3.「多い」以上の日数は区部で27日程度でした。

4月の測定が終了した時点で、実測値は以下の通りでした。

  1. 実測数はスギ花粉2個/cm2、ヒノキ花粉654.1個/cm2、合計44567.3個/cm2
  2. 飛散開始日は2月11日
  3. 「多い」以上の日は21日

でした。予測の精度としては、合格点と思います。


2021年5月1日-1 花粉情報

年度別飛散総数(1月1日〜4月30日)

年 度 スギ飛散数 ヒノキ飛散数 スギヒノキ計
2001年 4298.1 578.6 4876.7
2002年 5194.2 450.7 5644.9
2003年 3641.4 323.5 3964.9
2004年 384.7 76 460.7
2005年 10978.2 2970.5 13948.7
2006年 1007.3 125.4 1132.7
2007年 1579.4 196.3 1775.7
2008年 3094.7 505.2 3599.9
2009年 4999.9 785.3 5785.2
2010年 1489.5 68.2 1557.7
2011年 9623.6 1925.5 11549.1
2012年 1971 156.6 2127.6
2013年 6405.7 1256.1 7661.8
2014年 1299.8 693.6 1993.4
2015年 2694.1 244 2938.1
2016年 3515.9 668.7 4184.6
2017年 2270.8 299.9 2570.7
2018年 4162 3895.4 8057.4
2019年 4867.8 1331.6 6199.4
2020年 2466.7 374.9 2841.6
2021年 3913.2 654.1 4567.3