東京都内の花粉情報

2024年07月23日-4 花粉情報

連日猛暑が続いています。今後(2〜3週後)は、室内塵アレルギーの季節です。室内塵でアレルギーの原因となるものは、主にダニ(虫体、糞など)、カビ(特に真菌など)、昆虫、ペット(抜け毛、フケなど)。空気中に浮遊しているこれらを繰り返し吸入し続けることで、アレルギー状態になります。中でもダニは繁殖力が強く、全ての家庭に存在すると考えられます。ダニは、地球上に30〜50万種いると言われ、中には人の親指ほどもある大きなダニもいますが、大半が目に見えないほど小さく、繁殖力が強く、特に温暖で多湿な人間の住む環境は、ダニにとって快適と言われています。室内にいる代表的なダニは、チリダニ(体長:0.2〜0.4mm)、コナダニ(0.3〜0.5mm)、ツメダニ(7〜8mm)ですが、チリダニ、コナダニが鼻アレルギーの主な原因と言われています。ダニはつがいがいれば、2週間ほどで20〜30個の卵を産みます。これらは、2週間ほどで成長してそれぞれが産卵します。つまり、非常に早い速度で繁殖します。

ダニは、日本の環境ですと、どんな家にも生息して、1年を通じて環境中に存在すると言われています。とはいえ、ダニが繁殖する最適温湿度は、24〜26℃、65〜75%ですから、この条件に合わない季節には、減少します。ダニを抗原とするアレルギーの方は、通年性に症状が見られる可能性があります。とはいえ、アレルギー性鼻炎の方の多くは、室内塵つまりダニの排泄物、抜け毛、フケなどが主な原因です。そのため、梅雨の前後と秋雨の前後に悪化するという季節変動が認められます。もし、年間を通じて強く、かつ季節変動変がなく症状が認められたら鼻過敏症あるいは慢性鼻炎などを鑑別する必要があります(若干、症状は異なります)。

 


2024年07月23日-3 花粉情報

7月、日々の天気(気象庁:東京)

月日 降雨量(mm) 平均気温 日照時間 天気概況
20日 45.0 30.7 10.2 晴れ〜曇り〜大雨
21日 20.0 29.1 11.0 晴れ一時曇り
22日 9.5 30.5 10.4 晴れ一時曇り、雷

7/16から8/15間の日照時間は、翌年のスギ、ヒノキ花粉数位よく比例すると言われています。そこで、本年も積算値を当HPで、報告致します。

 (21日までの日照時間は47.2時間でした。)

過去10年の平均値は、日照時間7月後半87.3時間、8月前半97.7時間、スギ飛散花粉数3567個/cm2でした。今年のスギ花粉飛散数は6300.2個/cm2でしたので、10年平均の1.76倍でした。


2024年07月23日-2 花粉情報

当HPをご利用の皆様へお詫び

7月11日(金)から本HPは更新されませんでした。誠に申し訳ありません。12日から昨日(18日)まで、東京共済病院外科に入院しておりました。病名は両側鼠径ヘルニアでした。以前から悩んでおりましたが、今回は、ヘルニアが自分自身では、戻らず、疼痛も強かった為、12日午後救急車で東京共済病院外科に緊急入院いたしました。13日午後手術を受け、一昨日無事退院いたしました。診療は昨日午後から再開しております。ご心配、ご迷をお掛けいたしました。当地と比較しますと、明らかにイネ科花粉が多く飛散しているようです。


2024年07月23日-1 花粉情報

私の入院中に、スギ花粉症の発見者である斎藤 洋三先生がご逝去されました。斎藤先生は、関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会の生みの親であり、長年にわたり、私共を導いて下さいました。ご遺族様、関係者の皆様に、心からお悔やみ申し上げます。


2024年07月22日-6 花粉情報

7月15日から7月21日の観測値です。

  7/15〜7/21 昨年7/17〜7/23
スギ 0.0 0.0
ヒノキ 0.0 0.3
カバノキ科(ハンノキ、シラカンバオオバヤシャ) 0.0 0.0
ブナ科(コナラ、クヌギ、クリ、シラカシ他) 0.0 0.0
イネ科(イネ、カモガヤ、ガマ、ヒメガマ) 0.0 0.0
マツ型(アカマツ、クロマツ、トウヒ、ヒマラヤスギ) 0.6 0.0
ニレ科(ケヤキ) 0.0 3.1
イチョウ科(イチョウ) 0.0 0.0
クルミ科(テウチグルミ、オニグルミ) 0.0 0.0
バラ科(ソメイヨシノ) 0.0 0.0
マメ科(ギンヨウアカシア) 0.0 0.0
カヤツリグサ科(スゲ) 0.0 0.0
エゴノキ科(エゴノキ) 0.0 0.3
その他 0.6 0.6
1.2 4.3

その他は、ネズミモチ0.3.個/cm2、不明0.3個/cm2でした。


2024年07月22日-5 花粉情報

7/16から8/15間の日照時間は、翌年のスギ、ヒノキ花粉数位よく比例すると言われています。

そこで、本年も積算値を当HPで、報告致します。

 (21日までの日照時間は36.8時間でした。)

過去10年の平均値は、日照時間7月後半87.3時間、8月前半97.7時間、スギ飛散花粉数3567個/cm2でした。今年のスギ花粉飛散数は6300.2個/cm2でしたので、10年平均の1.76倍でした。


2024年07月22日-4 花粉情報

日々の天気(気象庁:東京)

月日 降雨量(mm) 平均気温 日照時間 天気概況
20日 45.0 30.7 10.2 晴れ〜曇り〜大雨
21日 20.0 29.1 11.0  

2024年07月22日-3 花粉情報

花粉観測の第一人者、佐橋 紀男先生から千葉県富里の観測データをお送り頂きました。

2024年             ダーラム型(3.24cm2→1cm2)
5 スギ ヒノキ カバノキ科* ブナ科 マツ形 イネ科 その他
  合計 3.8 6.4 2.1   41.0 90.1  

 

           ISロータリー型(1cm2)
スギ ヒノキ カバノキ科* ブナ科 マツ型 イネ科 その他
6.5 7.5 5.0   33.0 161.2  

 

2024年             ダーラム型(3.24cm2→1cm2)
6 スギ ヒノキ カバノキ科* ブナ科 マツ型 イネ科 その他
  合計 1.5 0.9 0.0   19.3 44.8  

 

           ISロータリー型(1cm2)
スギ ヒノキ カバノキ科* ブナ科 マツ型 イネ科 その他
1.5 0.0 0.0   13.0 77.0  

当地と比較しますと、千葉県富里の方が明らかにイネ科花粉が多く飛散しているようです。


2024年07月22日-2 花粉情報

当HPをご利用の皆様へお詫び

7月11日(金)から18日まで本HPは更新されませんでした。誠に申し訳ありません。12日から昨日(18日)まで、東京共済病院外科に入院しておりました。病名は両側鼠径ヘルニアでした。以前から悩んでおりましたが、今回は、ヘルニアが自分自身では、戻らず、疼痛も強かった為、12日午後救急車で東京共済病院外科に緊急入院いたしました。13日午後手術を受け、一昨日無事退院いたしました。診療は昨日午後から再開しております。ご心配、ご迷をお掛けいたしました。


2024年07月22日-1 花粉情報

私の入院中に、スギ花粉症の発見者である斎藤 洋三先生がご逝去されました。斎藤先生は、関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会の生みの親であり、長年にわたり、私共を導いて下さいました。ご遺族様、関係者の皆様に、心からお悔やみ申し上げます。


2024年07月21日-8 花粉情報

平成6年の梅雨から夏の飛散花粉

観測期間 スギ ヒノキ イネ科 ブナ科 カバノキ科 ニレ科 マツ型 その他 総計
6/1〜2 0.3 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 1.5 4.9 6.6
6/3〜6/9 0.3 0.3 0.9 2.8 0.3 0.0 7.1 5.5 16.6
6/10〜6/16 0.0 0.3 0.3 0.6 0.0 0.3 0.9 5.6 8.0
6/17〜6/23 0.0 0.0 0.9 1.2 0.3 0.0 2.5 8.6 13.3
6/24〜6/30 0.6 0.0 0.0 0.6 0.0 0.0 0.0 10.5 11.7
7/1〜7/7 0.0 0.3 0.0 0.0 0.0 0.0 1.5 4.0 5.8
7/8〜7/14 0.0 0.0 0.3 0.0 0.0 0.0 0.9 2.8 4.0
7/15〜7/21 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.6 0.6 1.2
7/22〜7/28 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
7/29〜7/31 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
合計 1.2 0.9 2.4 5.2 0.6 0.3 15.0 42.5 60.6

2024年07月21日-7 花粉情報

○梅雨から夏の落下花粉総数

令和2年 令和3年 令和4年 令和5年 令和6年
5月2週 291.4 224.6 201.2 148.7 179.3
3週 92.5 50.6 118.6 189.3 95.3
4週 152.7 180.2 132.5 126.4 113.0
6月1週 74.0 46.2 65.7 51.2 29.7
2週 57.1 39.2 11.1 18.5 16.6
3週 16.6 9.2 13.0 0.3 8.0
4週 3.7 9.3 9.3 8.5 13.3
5週 5.3 1.5 12.7 8.6 11.7
7月1週 2.8 3.7 5.2 5.2 6.2
2週 0.9 2.1 0.9 1.9 4.0
3週 0.9 4.9 1.5 4.3 1.2
4週 1.5 4.3 0.6 0.9
5週   1.5 0.9 1.5      2.1

毎年、風媒花植物より虫媒花植物が多くなるためか、7月になりますと落下花粉は大きく減少する傾向にありま

す。今週は、さらに少なく、降雨量が70.0mmと多かったためと思われます。


2024年07月21日-6 花粉情報

7月15日から7月21日の観測値です。

  7/15〜7/21 昨年7/17〜7/23
スギ 0.0 0.0
ヒノキ 0.0 0.3
カバノキ科(ハンノキ、シラカンバオオバヤシャ) 0.0 0.0
ブナ科(コナラ、クヌギ、クリ、シラカシ他) 0.0 0.0
イネ科(イネ、カモガヤ、ガマ、ヒメガマ) 0.0 0.0
マツ型(アカマツ、クロマツ、トウヒ、ヒマラヤスギ) 0.6 0.0
ニレ科(ケヤキ) 0.0 3.1
イチョウ科(イチョウ) 0.0 0.0
クルミ科(テウチグルミ、オニグルミ) 0.0 0.0
バラ科(ソメイヨシノ) 0.0 0.0
マメ科(ギンヨウアカシア) 0.0 0.0
カヤツリグサ科(スゲ) 0.0 0.0
エゴノキ科(エゴノキ) 0.0 0.3
その他 0.6 0.6
1.2 4.3

その他は、ネズモモチ0.3.個/cm2、不明0.3個/cm2でした。


2024年07月21日-5 花粉情報

7/16から8/15間の日照時間は、翌年のスギ、ヒノキ花粉数位よく比例すると言われています。 そこで、本年も積算値を当HPで、報告致します。。

 (20日での日照時間は25.8時間でした。)

過去10年の平均値は、日照時間7月後半87.3時間、8月前半97.7時間、スギ飛散花粉数3567個/cm2でした。今年のスギ花粉飛散数は6300.2個/cm2でしたので、10年平均の1.76倍でした。


2024年07月21日-4 花粉情報

7月、日々の天気(気象庁:東京)

月日 降雨量(mm) 平均気温 日照時間 天気概況
9日 0.0 30.1 6.4 曇りー晴れ時毒雨
10日 0.0 29.5 4.3 曇り一時雨
11日 0.5 27.8 0.0 曇り時々雨
12日 13.5 24.4 0.0 雨のち曇り
13日 0.0 26.2 7.0 曇り一時雨
14日 12.5 25.4 0.4 曇り時々雨
15日 0.5 24.6 0.4 曇り一時雨
16日 11.5 23.9 0.1 雨時々曇り
17日 1.0 25.8 2.9 曇り
18日 0.0 28.4 7.4 曇り〜晴れ
19日 30.0 5.2 曇り〜晴れ
20日 45.0 30.7 10.2 晴れ〜曇り〜大雨

2024年07月21日-3 花粉情報

花粉観測の第一人者、佐橋 紀男先生から千葉県富里の観測データをお送り頂きました。

2024年             ダーラム型(3.24cm2→1cm2)
5 スギ ヒノキ カバノキ科* ブナ科 マツ形 イネ科 その他
  合計 3.8 6.4 2.1   41.0 90.1  

 

           ISロータリー型(1cm2)
スギ ヒノキ カバノキ科* ブナ科 マツ型 イネ科 その他
6.5 7.5 5.0   33.0 161.2  

 

2024年             ダーラム型(3.24cm2→1cm2)
6 スギ ヒノキ カバノキ科* ブナ科 マツ型 イネ科 その他
  合計 1.5 0.9 0.0   19.3 44.8  

 

           ISロータリー型(1cm2)
スギ ヒノキ カバノキ科* ブナ科 マツ型 イネ科 その他
1.5 0.0 0.0   13.0 77.0  

当地と比較しますと、明らかにイネ科花粉が多く飛散しているようです。


2024年07月21日-2 花粉情報

当HPをご利用の皆様へお詫び

7月11日(金)から本HPは更新されませんでした。誠に申し訳ありません。12日から昨日(18日)まで、東京共済病院外科に入院しておりました。病名は両側鼠径ヘルニアでした。以前から悩んでおりましたが、今回は、ヘルニアが自分自身では、戻らず、疼痛も強かった為、12日午後救急車で東京共済病院外科に緊急入院いたしました。13日午後手術を受け、一昨日無事退院いたしました。昨日午後から診療を再開すしております。ご心配、ご迷をお掛けいたしました。


2024年07月21日-1 花粉情報

私の入院中に、スギ花粉症の発見者である斎藤 洋三先生がご逝去されました。斎藤先生は、関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会の生みの親であり、長年にわたり、私共を導いて下さいました。ご遺族様、関係者の皆様に、心からお悔やみ申し上げます。


2024年07月20日-4 花粉情報

12月の観測花粉数と翌年のスギ花粉総飛散数

年 度 ス ギ ヒ ノ キ 翌年のスギ花粉数
2012年 2.4 0.0 6407.3
2013年 1.5 0.0 1993.4
2014年 3 0.0 2938.1
2015年 2.4 0.0 4184.6
2016年 1.5 0.0 2570.7
2017年 5.7 0.0 4162
2018年 6.9 0.0 4867.8
2019年 3.0 0.0 2466.7
2020年 5.8 0.0 3913.2
2021年 4.2 0.0 3838.8
2022年 1.8 0.0 6635.7
2023年 9.5 0.0 6300.2

翌年の花粉数は、1/1〜4/30の観測値です。このデータを見る限り明らかな相関はないように思われます。


2024年07月20日-3 花粉情報

7/16から8/15間の日照時間は、翌年のスギ、ヒノキ花粉数位よく比例すると言われています。 そこで、本年も積算値を当HPで、公開いたします。

昨年の7月後半は猛暑で始まりました。今年も本日は猛暑でした。16日から気象庁過去の気象データから東京都東京の日照時間の観測値を抜粋して、日々加算した数値を本HPで報告致します。

 (19日までの日照時間は15.6時間でした。)

過去10年の平均値は、日照時間7月後半87.3時間、8月前半97.7時間、スギ飛散花粉数3567個/cm2でした。今年のスギ花粉飛散数は6300.2個/cm2でしたので、10年平均の1.76倍でした。


2024年07月20日-2 花粉情報

7月、日々の天気(気象庁:東京)

月日 降雨量(mm) 平均気温 日照時間 天気概況
9日 0.0 30.1 6.4 曇りー晴れ時毒雨
10日 0.0 29.5 4.3 曇り一時雨
11日 0.5 27.8 0.0 曇り時々雨
12日 13.5 24.4 0.0 雨のち曇り
13日 0.0 26.2 7.0 曇り一時雨
14日 12.5 25.4 0.4 曇り時々雨
15日 0.5 24.6 0.4 曇り一時雨
16日 11.5 23.9 0.1 雨時々曇り
17日 1.0 25.8 2.9 曇り
18日 0.0 28.4 7.4 曇り〜晴れ
19日 30. 5.2 曇り〜晴れ

一時的ですが、連日、雨が続きました。関東甲信は717日ごろ、平年より1日早く、昨年より4日早く梅雨明けを迎えました(気象庁速報)。


2024年07月20日-1 花粉情報

当HPをご利用の皆様へお詫び

7月11日(金)から本HPは更新されませんでした。誠に申し訳ありませんでした。12日から一昨日(18日)まで、東京共済病院外科に入院しておりました。病名は両側鼠径ヘルニアでした。以前から悩んでおりましたが、今回は、ヘルニアが自分自身では、戻らず、疼痛も強かった為、12日午後救急車で東京共済病院外科を受診、そのまま緊急入院いたしました。翌13日午後手術を受け、経過順調につき、昨日無事退院いたしました。昨日、午後から診療を再開いたしました。まだ、痛みがあり、鎮痛剤を服用しながらの診療でした。

通院中の皆様には、心からお詫び申し上げます。従業員、家族には、感謝しかありません。


2024年07月19日-7 花粉情報

12月の観測花粉数と翌年のスギ花粉総飛散数

年 度 ス ギ ヒ ノ キ 翌年のスギ花粉数
2012年 2.4 0.0 6407.3
2013年 1.5 0.0 1993.4
2014年 3 0.0 2938.1
2015年 2.4 0.0 4184.6
2016年 1.5 0.0 2570.7
2017年 5.7 0.0 4162
2018年 6.9 0.0 4867.8
2019年 3.0 0.0 2466.7
2020年 5.8 0.0 3913.2
2021年 4.2 0.0 3838.8
2022年 1.8 0.0 6635.7
2023年 9.5 0.0 6300.2

翌年の花粉数は、1/1〜4/30の観測値です。12月の観測花粉数と翌年のスギ花粉総飛散数です。特に相関は認めれないようです。翌年の花粉数は、1/1〜4/30の観測値です。


2024年07月19日-6 花粉情報

昨年のスギ雄花花芽調査の結果

昨年11月から12月にかけて、スギ雄花花芽調査を実施した結果、今年度のスギ雄花の着花量は、地域により大きなばらつきはありますが、全国的な傾向としては、過去10年平均値と比べると、同程度か、やや少なくなっています。
また、前年同時期と比較しても、一部を除いて、多くの都府県で少なくなっています。今シーズンは過去10年平均値との比較で150%以上となったのは、岩手県、愛知県、島根県の3県であり、50%以下になったのは山形県、茨城県、徳島県、高知県の4県でした。

 

東京は前年比79%、平均比119%との結果でした。これを当地の飛散数から算出すると

前年(6635.7個/cm2)比79%=5424個/cm

平均(10年平均:3566.4個/cm2)比119%=4244.0個/cm2となり

4244.0〜5424.0個/cm2が予測値となります。

昨年の11〜12月に出された予測を検証しますと、今シーズンは、1/1〜4/30の飛散数は、スギ5272.0個/cm2,

ヒノキ1028.2個/cm2、計6300.2個/cm2でした。予測よりやや多く飛散したようです。


2024年07月19日-5 花粉情報

日照時間の積算値

昨年の7月後半は猛暑で始まりました。今年も本日は猛暑でした。本日から気象庁過去の気象データから東京都東京の日照時間の観測値を抜粋して、日々加算した数値を本HPで報告致します。7月半ばから8月半ばまでの日照時間の積算値と翌年のスギ、ヒノキ花粉の飛散数は、比例すると言われています。そこで、今シーズンも当PHでご報告いたします。

 (16日までの日照時間は0.1時間でした。)

  (17日での日照時間は3.0時間でした。)

 (18日での日照時間は10.4時間でした。)

過去10年の平均値は、日照時間7月後半87.3時間、8月前半97.7時間、スギ飛散花粉数3567個/cm2でした。今年のスギ花粉飛散数は6300.2個/cm2でしたので、10年平均の1.76倍でした。私は、昨年12月9日(金)に

令和5年春のスギ、ヒノキ花粉飛散数を「品川では、スギ+ヒノキは前年比から最大10344個/cm2/シーズン、例年比から6930〜9240個/cm2/シーズン」と予測いたしました。実際の測定値はスギ+ヒノキは7863.5個/cm2,)、スギ花粉6637個/cm2、ヒノキ1227.0個/cm2でしたので、予測は的中したと考えます。


2024年07月19日-4 花粉情報

7月、日々の天気(気象庁:東京)

月日 降雨量(mm) 平均気温 日照時間 天気概況
9日 0.0 30.1 6.4 曇りー晴れ時毒雨
10日 0.0 29.5 4.3 曇り一時雨
11日 0.5 27.8 0.0 曇り時々雨
12日 13.5 24.4 0.0 雨のち曇り
13日 0.0 26.2 7.0 曇り一時雨
14日 12.5 25.4 0.4 曇り時々雨
15日 0.5 24.6 0.4 曇り一時雨
16日 11.5 23.9 0.1 雨時々曇り
17日 1.0 25.8 2.9 曇り
18日 0.0 28.4 7.4 曇り〜晴れ

2024年07月19日-3 花粉情報

平成6年の梅雨から夏の飛散花粉

観測期間 スギ ヒノキ イネ科 ブナ科 カバノキ科 ニレ科 マツ型 その他 総計
6/1〜2 0.3 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 1.5 4.9 6.6
6/3〜6/9 0.3 0.3 0.9 2.8 0.3 0.0 7.1 5.5 16.6
6/10〜6/16 0.0 0.3 0.3 0.6 0.0 0.3 0.9 5.6 8.0
6/17〜6/23 0.0 0.0 0.9 1.2 0.3 0.0 2.5 8.6 13.3
6/24〜6/30 0.6 0.0 0.0 0.6 0.0 0.0 0.0 10.5 11.7
7/1〜7/7 0.0 0.3 0.0 0.0 0.0 0.0 1.5 4.0 5.8
7/8〜7/14 0.0 0.0 0.3 0.0 0.0 0.0 0.9 2.8 4.0
7/10〜7/16 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
7/15〜7/21 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
7/22〜7/28 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
7/29〜7/31 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
合計 1.2 0.9 2.4 5.2 0.6 0.3 14.4 39.1 59.5

2024年07月19日-2 花粉情報

先週1週間の測定値です。

平成6年の梅雨から夏の飛散花粉

観測期間 スギ ヒノキ イネ科 ブナ科 カバノキ科 ニレ科 マツ型 その他 総計
6/1〜2 0.3 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 1.5 4.9 6.6
6/3〜6/9 0.3 0.3 0.9 2.8 0.3 0.0 7.1 5.5 16.6
6/10〜6/16 0.0 0.3 0.3 0.6 0.0 0.3 0.9 5.6 8.0
6/17〜6/23 0.0 0.0 0.9 1.2 0.3 0.0 2.5 8.6 13.3
6/24〜6/30 0.6 0.0 0.0 0.6 0.0 0.0 0.0 10.5 11.7
7/1〜7/7 0.0 0.3 0.0 0.0 0.0 0.0 1.5 4.0 5.8
7/8〜7/14 0.0 0.0 0.3 0.0 0.0 0.0 0.9 2.5 3.7
7/15〜7/21 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
7/22〜7/28 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
7/29〜7/31 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
合計 1.2 0.9 2.4 5.2 0.6 0.3 14.4 39.1 59.5

2024年07月19日-1 花粉情報

当HPをご利用の皆様へお詫び

7月11日(金)から本HPは更新されませんでした。誠に申し訳ありません。12日から昨日(18日)まで、東京共済病院外科に入院しておりました。病名は両側鼠径ヘルニアでした。以前から悩んでおりましたが、今回は、ヘルニアが自分自身では、戻らず、疼痛も強かった為、12日午後救急車で東京共済病院外科に緊急入院いたしました。13日午後手術を受け、18日無事退院いたしました。本日、午後から診療を再開する予定です。ご心配、ご迷惑をおかけいたしました方々には、深くお詫び申し上げます。

本日から再開いたします。


2024年07月11日-4 花粉情報

日猛暑が続いています。今後は、室内塵アレルギーの季節です。室内塵でアレルギーの原因となるものは、主にダニ(虫体、糞など)、カビ(特に真菌など)、昆虫、ペット(抜け毛、フケなど)。空気中に浮遊しているこれらを繰り返し吸入し続けることで、アレルギー状態になります。中でもダニは繁殖力が強く、全ての家庭に存在すると考えられます。ダニは、地球上に30〜50万種いると言われ、中には人の親指ほどもある大きなダニもいますが、大半が目に見えないほど小さく、繁殖力が強く、特に温暖で多湿な人間の住む環境は、ダニにとって快適と言われています。室内にいる代表的なダニは、チリダニ(体長:0.2〜0.4mm)、コナダニ(0.3〜0.5mm)、ツメダニ(7〜8mm)ですが、チリダニ、コナダニが鼻アレルギーの主な原因と言われています。ダニはつがいがいれば、2週間ほどで20〜30個の卵を産みます。これらは、2週間ほどで成長してそれぞれが産卵します。つまり、非常に早い速度で繁殖します。

ダニは、日本の環境ですと、どんな家にも生息して、1年を通じて環境中に存在すると言われています。とはいえ、ダニが繁殖する最適温湿度は、24〜26℃、65〜75%ですから、この条件に合わない季節には、減少します。ダニを抗原とするアレルギーの方は、通年性に症状が見られる可能性があります。とはいえ、アレルギー性鼻炎の方の多くは、室内塵つまりダニの排泄物、抜け毛、フケなどが主な原因です。そのため、梅雨の前後と秋雨の前後に悪化するという季節変動が認められます。もし、年間を通じて強く、かつ季節変動変がなく症状が認められたら鼻過敏症あるいは慢性鼻炎などを鑑別する必要があります(若干、症状は異なります)。


2024年07月11日-3 花粉情報

7月、日々の天気(気象庁:東京)

月日 降雨量(mm) 平均気温 日照時間 天気概況
1日 12.5 26.3 0.1 雨一時曇り〜雨
2日 0.0 27.3 2.2 曇り一時雨
3日 0.0 27.7 7.2 曇り時々晴れのち曇り
4日 29.3 9.1 晴れ一時曇り
5日 30.2 13.2 晴れ一時曇り
6日 36.0 28.1 7.5 曇り〜大雨〜曇り時々晴れ
7日 28.9 9.9 曇り〜晴れ
8日 30.9 11.3 晴れ時々薄曇り
9日 0.0 30.1 6.4 曇りー晴れ時毒雨
10日 0.0 29.5 4.3 曇り一時雨

   8日は、一時曇りましたが、ほぼ晴れ、気温が上昇しました。今年最高の30.9℃を記録しました。熱中症の方が多数出たようですが、今後もご注意ください。