東京都内の花粉情報

2021年1月15日 花粉情報

明け方まで晴れ、その後曇りが続き、朝の冷え込みは弱く(AM5:00:6.0℃)、日中は北寄りの風が吹き、気温は上らず(8.0℃)、湿度も高く、昨日から一転寒い1日になりました。 元旦から14日までの1日の最高気温の積算値は132.8℃でした(気象庁:東京:日ごとの値から)。この値から単純に計算すると当地の予想される飛散開始日は2月16日となります(日本気象協会の東京の予測は2月10日)。今後、気温が上昇すると開始日の予想はさらに早くなります。

○観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
1/11 0.0 0.0 0.0 2.8

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2でした。自動計測KH3000の測定値は2.8個/m3・時でした。本日のプレパラートはそこそこの汚れでしたが、測定値は思いの外低く、天気(北風、微風)と少ない交通量の影響と考えられます。


2021年1月14日 花粉情報

晴れて、朝の冷え込みも弱く(AM7:00:3.0℃)、日中は南寄りの風が吹き、昨日以上に気温が上がり(14.3℃)、暖かな1日でした。元旦から13日までの1日の最高気温の積算値は118.3℃でした(気象庁:東京:日ごとの値から)。この値から単純に計算すると当地の予想される飛散開始日は2月18日となります(日本気象協会の東京の予測は2月10日)。今後、気温が上昇すると開始日の予想は早くなります。

○観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
1/11 0.0 0.0 0.0 5.4

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2でした。自動計測KH3000の測定値は5.4個/m3・時でした。


2021年1月13日 花粉情報

夜から晴れて、朝の冷え込みはありました(AM7:00:0.5℃)が、日中は気温も上がり(11.0℃)、穏やかな1日でした。 元旦から12日までの1日の最高気温の積算値は105.8℃でした(気象庁:東京:日ごとの値から)。この値から単純に計算すると当地の予想される飛散開始日は2月19日となります(日本気象協会の東京の予測は2月10日)。今後、気温が上昇すると開始日の予想は早くなります。

○観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
1/11 0.0 0.0 0.0 5.5

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2でした。自動計測KH3000の測定値は5.5個/m3・時でした。本日は日常が平時に戻り、プレパラートの汚れが目立ちました。


2021年1月12日 花粉情報

夜は曇り空が続き、朝の冷え込みも弱く(AM7:00:2.5℃)、雪にはなりませんでした。朝から晴れましたが日中も気温が上がらず(4.6℃)、昼前から小雨が降りました。元旦から11日までの1日の最高気温の積算値は100.1℃でした(気象庁:東京:日ごとの値から)。この値から単純に計算すると当地の予想される飛散開始日は2月18日となります(日本気象協会の東京の予測は2月10日)。

○観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
1/11 0.0 0.0 0.0 2.5

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2でした。自動計測KH3000の測定値は2.5個/m3・時でした。本日は関東の平野部でも雪が降る可能性があると予報されていました。しかし、当地は昼前から小雨が降り、近隣の工事は行われていましたがKH3000の測定値は上がりませんでした。雨は大気を浄化してくれるようです。花粉は観測されませんでした。

○令和2年度 東京都花粉症対策検討委員会(第2回)を令和3年1月21日(木)に開催すると東京都福祉保険局健康安全研究センター企画調整部健康危機管理情報課から発表がありました。


2021年1月11日 花粉情報

夜は晴れていましたが朝の冷え込みが続き(AM6:00:0.0℃)、曇り空が広がり、日中も気温が上がらず(6.5℃)、晴れたり曇ったりの天気でした。  元旦から10日までの1日の最高気温の積算値は93.6℃でした(気象庁:東京:日ごとの値から)。この値から単純に計算すると当地の予想される飛散開始日は2月17日となります(日本気象協会の東京の予測は2月10日)。

○観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
1/11 0.0 0.0 0.0 2.7

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2でした。自動計測KH3000の測定値は2.7個/m3・時でした。連休でプレパラートが非常に綺麗でした。日本海側に大雪が降り、当地は冷えと乾燥が進んでいて、花粉が飛散する状況にないようです。明日は関東の平野部でも雪が降る可能性があると予報されています。


2021年1月10日 花粉情報

晴れて朝の冷え込みが続き(AM6:00:-1.0℃)、ますます乾燥が進み、日中も気温が上がらず(6.5℃)より寒さを感じる一日でした。乾燥は鼻の粘膜を破壊し、機能障害を起こします。スギ花粉飛散前に粘膜の障害が起こりますと花粉症症状はより悪化します。ですから、この時期から飛散開始までの乾燥対策は極めて重要です。  元旦から9日までの1日の最高気温の積算値は85.5℃でした(気象庁:東京:日ごとの値から)。この値から単純に計算すると当地の予想される飛散開始日は2月16日となります(日本気象協会の東京の予測は2月10日)。

○観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
1/8 0.0 0.0 0.0 2.7

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2でした。自動計測KH3000の測定値は2.7個/m3・時でした。日本海側に大雪が降り、当地は冷えと乾燥が進んでいて、花粉が飛散する状況にないようです。


2021年1月9日 花粉情報

昨日午後から晴れ、朝の冷え込みが強く(AM6:00:-0.5℃)、乾燥が進み、日中やや気温が上がり(7.0〜8.0℃)ましたが、大気が乾燥して体感的には寒さを感じる一日でした。  元旦から8日までの1日の最高気温の積算値は77.1℃でした(気象庁:東京:日ごとの値から)。この値から単純に計算すると当地の予想される飛散開始日は2月15日となります(日本気象協会の東京の予測は2月10日)。

○観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
1/8 0.0 0.0 0.0 4.6

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2でした。自動計測KH3000の測定値は4.6個/m3・時でした。本日は花粉は観測されず、自動計測は日常の値でした。


2021年1月8日 花粉情報

本日は未明から晴れ、朝の冷え込みが強く(AM6:00:1.0℃)、日本海側の大雪の影響で当地は乾燥が進み、日中もさほど気温が上がらず(6.0℃)、一時曇って寒さを感じる一日でした。元旦から7日までの1日の最高気温の積算値は70.6℃でした(気象庁:東京:日ごとの値から)。この値から単純に計算すると当地の予想される飛散開始日は2月13日となります(日本気象協会の東京の予測は2月10日)。

○観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
1/8 0.0 0.0 0.0 4.5

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2でした。自動計測KH3000の測定値は4.5個/m3・時でした。本日から緊急事態宣言が発出されましたが、近隣道路の人通りは変わっていないようです。KH3000の測定値は、日常の値に戻りました。


2021年1月7日 花粉情報

本日も未明から曇りが続き、朝の冷え込みはやや強く(AM7:00:3.5℃)、日中は晴れて強い南風で気温が急上昇し、午後からは風向きが変わり(西寄り)、気温の低下と乾燥が進みました。変化の激しい1日でした。
元旦から6日までの各日の最高気温の積算値は57.9℃でした(気象庁:東京:日ごとの値から)。この値から単純に計算すると当地の予想される飛散開始日は2月14日となります(日本気象協会の東京の予測は2月10日)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
1/7 0.6 0.0 0.9 19.2

本日の測定結果、落下法では強い風の影響でスギ花粉0.6個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.9個/cm2観測されました。その他の花粉は種別不明でした。花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は19.2個/m3/時でした。本日は午前9時から近隣のビル工事によって自動計測値が少々高値を示しました。午前10時頃から日本海側の寒波の影響で南南西の強い風が吹き(13m/s〜20m/s)、測定値と気温(12.9℃)が急上昇しました。
夕方から夜にかけて風向きが変わり(西よりの風)、測定値が減少、空気が急激に乾燥しました(40前後から25〜26%)。風(影響大)、工事(影響中)と交通量(影響小)が測定値に影響を及ぼすことが良く解る一日でした。プレパラートの汚れが非常に強く、昨日にもまして半端でない汚れでした。

1月8日から2月7日まで1都3県(神奈川、千葉、埼玉)に新型コロナ感染症の対策として緊急事態宣言が発出されました。医療機関は各科によって対応が異なるものの大きな影響があることに変わりがないと思われます。コロナ流行時にスギ花粉の飛散が止まることもありません。当然のことながら、春の花粉飛散にしっかりと備える必要があります。

緊急事態宣言の発出を受けて、第77回関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会が中止の運びとなりました。本年春のスギ、ヒノキ花粉飛散予測は東京都花粉症対策委員会の発表を待つことになりました。

その他の花粉


2021年1月6日 花粉情報

未明から曇りが続き、朝の冷え込みはやや弱く(AM7:00:5.5℃)、日中一時晴れるも昼過ぎから再び曇って気温が上がらず(6.5℃)、一日湿っぽい状況でした。  元旦から5日までの各日の最高気温の積算値は51.1℃でした(気象庁:東京:日ごとの値から)。この値から単純に計算すると当地の予想される飛散開始日は2月12日となります(日本気象協会の東京の予測は2月10日)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
1/6 0.0 0.0 0.0 4.8

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2、花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は4.8個/m3/時でした。本日、自動計測値が日中のみ大きく上昇しました。計測時、プレパラートの汚れが目立ちましたので、近隣ビルの建築工事が本格的に始まったための汚れが原因と考えられます。


2021年1月5日 花粉情報

夜間から朝まで曇り、朝の冷え込みはやや弱く(AM7:00:4.0℃)、日中は晴れて気温が上昇しました(PM3:00:10.8℃)。その後風も弱く、気温も大幅には下がらず、乾燥が続きました。

元旦から3日までの各日の最高気温の積算値は41.1℃でした(気象庁:東京:日ごとの値から)。この値から単純に計算すると当地の予想される飛散開始日は2月12日となります(日本気象協会の東京の予測は2月10日)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
1/5 0.0 0.0 0.3 4.3

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.3個/cm2、花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は4.3個/m3/時でした。その他の花粉は種属の判別ができず、不明でした。
自動計測のウィークディの平均値は昨年12月末で5.5個/m3/時でした。本日は、近隣道路の交通量が平時に戻り、近隣ビルの工事も再開し、結果4.3個/m3/時でした。

その他の花粉


2021年1月4日 花粉情報

夜間は曇り、明け方から晴れ、朝の冷え込みはやや弱く)AM7:00:3.0℃)、日中は晴れて気温が上昇しました(PM2:00:10.7℃)。その後風も弱く、気温も大幅には下がらず、乾燥が続きました。  元旦から3日までの各1日の最高気温の積算値は29.7℃でした(気象庁:東京:日ごとの値から)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
1/4 0.0 0.0 0.0 2.4

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2、花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は2.4個/m3/時でした。プレパラートは本日も大変きれいでした。日常が戻っていないようです。


2021年1月3日 花粉情報

晴れ、朝の冷え込みが続き(AM7:00:1.5℃)、日中も気温が上昇しませんでした(PM2:00:8.0℃)。夜もそれほど気温が上がらず、大変乾いた三が日でした。
元旦から2日までの各日の最高気温の積算値は21.3℃でした(気象庁:東京:日ごとの値から)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
1/3 0.0 0.0 0.0 1.5

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2、花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は1.5個/m3/時でした。花粉は観測されず、自動計測今シーズン最小でした。  昨年の1月3日はUターンラッシュで人出があったようですが、今年の3日は車も人出もほとんどなく、結果として自動計測値が微小となったようです。

1月の測定数とシーズンの総数の関係(2001年以後)は下表の通りです。

年 度 ス  ギ ヒ ノ キ そ の 他 スギ・ヒノキ

総飛散数

2001年 1.5 0 4.5 4876.7
2002年 3.7 0 12.6 5644.9
2003年 2.1 0 3.9 3964.9
2004年 0.6 0 10.1 460.7
2005年 7.3 0 6.9 13948.7
2006年 0.6 0 10.3 1132.7
2007年 1.8 0 11.2 1775.7
2008年 0.6 0 10.9 3599.9
2009年 0.6 0 4.9 5785.2
2010年 1.8 0 7.8 1557.7
2011年 1.5 0 1.2 11549.1
2012年 0.3 0 1.8 2127.6
2013年 1.8 0 6.6 7661.8
2014年 0.6 0 9.5 1993.4
2015年 1.2 0 10.4 2938.1
2016年 1.2 0 2.1 4184.6
2017年 2.7 0 8.9 2570.7
2018年 4.2 0 11 8057.4
2019年 3 0 8.7 6199.4
2020年 3.4 0 16.2 2841.6

明確な相関はみられません。


2021年1月2日-2 花粉情報

新年を迎えますと「スギ花粉はいつ飛散を始めるのか」という疑問が生じます。飛散開始は、初期療法にも重要です。当地の飛散開始は大凡ですが、元日からの1日の最高気温の積算値440℃前後が当地の飛散開始の目安です。積算値は明日からお知らせいたします。患者様にはその時までに十分な対応(原因の確認、合併症の治療、インフルエンザや乾燥冷気対策など)をお願いいたします。ちなみに元旦の1日の最高気温は10.5℃でした。

スギ花粉飛散開始日(積算400℃到達日)

H23(2011) 2月22日(2月12日)
H24(2012) 2月26日(2月17日)
H25(2013) 2月14日(2月9日)
H26(2014) 2月3日(2月7日)
H27(2015) 2月11日(2月10日)
H28(2016) 2月14日(2月8日)
H29(2017) 2月16日(2月6日)
H30(2018) 2月10日(2月12日)
H31(2019) 2月12日(2月7日)
R2(2020) 2月5日(2月5日)
R3(2021)
スギ飛散開始:1個/日以上2日以上連続した時、その初日

2021年1月2日-1 花粉情報

晴れが続き、元旦ほどではないものの朝の冷え込みは厳しく(AM7:00:1.5℃)、日中も昨日同様に気温が上昇して最高10.0℃でした。夜もそれほど気温が下がらず、思いの外寒さを感じませんでした。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 KH-3000
1/2 0.3 0.0 0.3 2.3

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.3個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.3個/cm2、花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は2.3個/m3/時でした。スギ花粉は本年の初観測日となりました。その他の花粉は、マツ科ではないかと思われますが、明確ではありません。

スギ花粉

その他の花粉


2021年1月1日−2 花粉情報

2021年初日は冷え込みましたが快晴でした(AM6:00:0℃)。昼過ぎには南寄りの風が吹き、日中は気温も上がり(PM2:00:10.5℃)、大変穏やかかつ暖かな日中でした。しかし、夜は再び冷え込みました(4.1℃)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
1/1 0.0 0.0 0.0 1.9

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2、花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は1.9個/m3/時でした。本日は人通り、交通量共に少なく、プレパラートは汚れがなく綺麗でした。昨年の元旦の自動計測値の測定値は2.7個/m3/時でした。

初観測日は年が明けて最初にスギ花粉が鏡検で全視野に1個でも観測された日です。

表:初観測日

年 度 初観測日 年 度 初観測日
2020年 1月18日 2011年 1月2日
2019年 1月5日 2010年 1月3日
2018年 1月2日 2009年 1月21日
2017年 1月3日 2008年 1月11日
2016年 1月19日 2007年 1月10日
2015年 1月11日 2006年 1月22日
2014年 1月26日 2005年 1月3日
2013年 1月2日 2004年 1月4日
2012年 1月2日 2003年 測定せず

 


2021年1月1日 花粉情報

明けましておめでとうございます。当地における花粉観測は、今年で38シーズン目を迎えます。 今年も宜しくお願い申し上げます。


2020年12月31日-2 花粉情報

本年12月のスギ花粉観測数は5.8個/cm2でした。この数値から来春の飛散数を予測しますと思いの外大きな数値となります。

表:前年12月スギ花粉飛散と翌年の飛散数(最近10年)

年 度 ス ギ ヒ ノ キ 翌年のスギ花粉数
2010年 3 0.0 9623.6
2011年 0.9 0.0 1971
2012年 2.4 0.0 6407.3
2013年 1.5 0.0 1993.4
2014年 3 0.0 2938.1
2015年 2.4 0.0 4184.6
2016年 1.5 0.0 2570.7
2017年 5.7 0.0 4162
2018年 6.9 0.0 4867.8
2019年 3.0 0.0 2466.7
2020年 5.8 0.0 ?

7月後半の気象条件からは「極めて少ない」と予想されました。昨年12月の飛散数から今年を予測すると、「2500〜3500」となりました。実際はスギ花粉2467個/cm2でした。本年12月のスギ飛散数から来春を予測しますとスギ花粉4000〜6000個/cm2もしくはそれ以上となります。大変迷うところです。

今年1年本HPをご覧頂きまして、誠にありがとうございました。各施設の情報担当の皆様、大変ご苦労様でした。花粉の観測とご報告は患者の皆様、情報を必要とされる皆様に届きますように今後も観測を続けて参ります。

明年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


2020年12月31日-1 花粉情報

良く晴れましたが、日本海側の大雪の影響で寒さが厳しく(AM2:00〜5:00:2℃)、深夜から午前中に大気が乾燥し始め(48〜34%)、午後はさらに乾燥し(34%)、気温は上がらず(PM2:00:7.0℃)寒い1日でした(PM10:00:3.2℃)。

観測結果(個/cm2/日:2020〜2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
12/30 0.0 0.0 0.0 2.5

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2、自動計測KH3000の測定値は2.5個/m3・時でした。交通量少なく、快晴、風弱く、工事も止まりましたので、汚れ、花粉は観測されませんでした。12月合計は、スギ花粉5.8個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉2.7個/cm2でした。

NPO花粉情報協会の村山 貢司気象予報士によると来春(2021年)の花粉飛散は「最近10年平均より少なく、昨年より多い」と予測されています。これを当地に当てはめますと、「スギ花粉は10年平均3928個/cm2より少なく、昨年2467個/cm2より多い。ヒノキ花粉を合わせると10年平均5012個/cm2より少なく、昨年2840個/cm2より多い」となります。


2020年12月30日 花粉情報

未明から明け方は晴れでしたが、朝から午前中は久しぶりに雨が降り、午後は晴れたり曇ったりのはっきりしない天気でした。夜間から日中は比較的暖かく(11〜12℃)、夜は予報通り強い風が吹き、気温が急激に下がりました(3〜4℃)。

観測結果(個/cm2/日:2020〜2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
12/30 0.3 0.0 0.3 8.3

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.3個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.3個/cm2、花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は8.3個/m3/時でした。その他の花粉はマツ科のヒマラヤスギと思われます。本日、午後6時から9時まで自動計測の測定値が急に上昇しました。
穏やかだった風(1〜3m/s:北北東)が突如沢山の落ち葉(銀杏)が飛来するほどの強い風(9〜11m/s:北北西)に変わりました(品川区の1時間天気―日本気象協会)。
鏡検では、花粉大の汚れが目立つ鏡検像が多々認められました。これが自動計測の測定値を上げた原因と考えられます。
年末年始は荒れた天気になりそうです。お気を付け下さい。

スギ花粉

ヒマラヤスギ花粉(マツ科花粉)


2020年12月29日 花粉情報

昨日から本日の午前中までは晴れていましたが昼前から曇り空となりました。しかし、気温はそれほど下がらず、朝の冷え込みは弱く(5.5℃)、日中は13.1℃まで上がりました。

観測結果(個/cm2/日:2020〜2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
12/29 0.0 0.0 0.0 3.2

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2、花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は3.2個/m3・時でした。予報では、明日夜から寒くなるそうですので、ご注意をして下さい。


2020年12月28日 花粉情報

夜間は曇りで朝の冷え込みは弱かったですが(AM6:00:7.5℃)、日中は晴れて気温も昨日と変わらず(12.5℃)、風が弱かったため比較的暖かさを感じる1日でした。

観測結果(個/cm2/日:2020〜2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
12/28 0.0 0.0 0.0 2.8

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2、花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は2.8個/m3/時でした。自動計測は月曜日としては、観測数が少数でした。

本日、2020年最後の診療日でしたが、都心では昨日で14日連続最小湿度40%以下の日が続き、鼻炎症状や咽喉頭違和感を訴える方が続きました。予報では年末年始に寒波が来襲するそうです。乾燥冷気に害されないようにご用心ください。


2020年12月27日 花粉情報

晴れて朝の冷え込みも弱く(AM4:00:5.0℃)、2020年最後の日曜日は穏やかな午前中でした。その後も晴れて午後には弱い南風に変わり気温も上昇しました(12.5℃)。終日、穏やかな1日でした。

観測結果(個/cm2/日:2020〜2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
12/27 0.0 0.0 0.0 1.9

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2、花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は1.9個/m3・時でした。日曜日で近隣の工事がなく、交通量も少ないのでKH-3000の測定値は設置後最小でした。プレパラートの汚れもほぼありませんでした。


2020年12月26日 花粉情報

晴れて、朝の冷え込みはやや強くありました(AM6:00:3.5℃)。しかし、その後は晴れて午後には弱い南風に変わり気温も上昇(しました11.0℃)。

観測結果(個/cm2/日:2020〜2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
12/26 0.0 0.0 0.3 4.1

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.3個/cm2、花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は4.1個/m3・時でした。その他の花粉は、晴れていたのに破裂していて判別不能でした。

花粉(判別不明)
都内に飛散する花粉


2020年12月25日 花粉情報

夜間は曇りが続きましたが、朝の冷え込みはやや緩みました(AM6:00:6.5℃)。朝には晴れて昼前から午後には南風となり気温も上昇しました(13.0℃)。しかし、夕方から北風となり気温が下がりました。

観測結果(個/cm2/日:2020〜2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
12/25 0.3 0.0 0.0 6.5

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.3個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2、花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は6.5個/m3・時でした。スギ花粉は本日0.3個/cm2でしたので、今月合計が5.5個/cm2になり、2003年以来4番目に多く観測され、来春は思いの外多くの飛散となると予想される状況となりました。


2020年12月24日 花粉情報

夜間は、ほんの一時曇りましたが晴れが続き、朝の冷え込みもやや緩みました(AM5:00:4.0℃)。昼前から久しぶりに雲が広がりました。夕方からやや強い南寄りの風が吹き、気温が上がりました(PM4:00:14.0℃)。それでも相変わらず乾燥気味の1日でした。

観測結果(個/cm2/日:2020〜2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
12/24 0.6 0.0 0.0 8.5

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.6個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2、花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は8.5個/m3/時でした。本日、朝は風が穏やか(0〜2m/s)でしたが近隣のビル工事と午後からのやや強い南風の影響でKH-3000の測定値がやや上昇しました。

スギ花粉

花粉自動計測器(KH-3000)


2020年12月23日 花粉情報

晴れが続きましたが、朝の冷え込みはやや緩みました(AM7:00:2.5℃)。午後は南寄りの風が吹き、昨日以上に気温が上がり(PM2:00:13.5℃)、相変わらず乾燥した1日でした。

観測結果(個/cm2/日:2020〜2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
12/23 0.0 0.0 0.3 4.0

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.3個/cm2、花粉自動計測器(KH-3000)の測定値は4.0個/m3・時でした。本日も形態(五角形)からハンノキ属の花粉と思われる花粉が観測されました。


2020年12月22日 花粉情報

晴れが続き、朝の冷え込みが厳しかったのですが(AM7:00:2.0℃)、日中は昨日同様に気温が上がり(10.5℃)、相変わらず乾燥した1日でした。

観測結果(個/cm2/日:2020〜2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
12/22 0.0 0.0 0.3 4.2

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.3個/cm2、自動計測KH3000の測定値は4.2個/m3/時でした。本日は5日振りにその他の花粉が観測されました。時期的には少し早いのですが、形態(五角形)からハンノキ属の花粉と思われます。

ハンノキ属花粉


2020年12月21日 花粉情報

晴れが続き、朝の冷え込みが再び厳しく(AM7:00:1.5℃)、風は昨日より弱く(平均2.8m/s, 日中1〜2m/s)、気温は昨日よりやや上がりましたが(11.0℃)、ひどく乾燥した1日になりました(最小34%)。

観測結果(個/cm2/日:2020〜2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
12/21 0.0 0.0 0.0 5.0

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2、自動計測KH3000の測定値は5.0個/m3・時でした。風が弱かったのでプレパラートの汚れはさほどなかったのですが、KH-3000の測定値は昨日と変わりませんでした。やはり、KH-3000の測定値で飛散開始を特定するのは難しいと思われます。


2020年12月20日 花粉情報

朝の冷え込みは再び明け方に厳しく(1.5℃)、乾燥も進みました(40〜42%)。気温はそれほど上がらず(8.5〜9.0℃)、乾燥冷気に注意のいる天気でした。

観測結果(個/cm2/日:2020〜2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
12/20 1.5 0.0 0.0 4.9

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉1.5個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2、自動計測KH3000の測定値は4.9個/m3・時でした。今年12月の飛散数は計4.6個/cm2・月(最近10年では3番目に多い観測数)となりました。スギ花粉は、一視野にまとまって観察されましたので一時に一箇所から集簇して飛来したように思われます。

花粉自動計測器(KH-3000)は問題なく作動しました。本日は午前11時、午後4時、午後6時にKH-3000 の観測数が上がりました。そのどの時間にスギが飛来したかはわかりません。観測値は大気中の浮遊物質などによるバイアスも考えられます。また、天気と近隣の道路(山手通り)の交通量に若干左右されます。とりわけ交通量の影響が強いようです。したがって、飛散開始などの微小な判断は落下法で、継時的な動きを知りたい時はKH-3000を参考にすると良いと思います。
公共機関だけでなく、KH-3000 (大和製作所) は小規模な病院やクリニックでも運用可能です。

花粉自動計測器(KH-3000)

スギ花粉


2020年12月19日 花粉情報

5日連続晴れ、朝の冷え込みはやや緩みました(4.0〜7.0℃)が乾きは変わりません。昼前から急に一時曇り空となり、再び晴れましたが日中も気温は上がらずじまいでした(9.0℃)。

観測結果(個/cm2/日:2020〜2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
12/19 0.0 0.0 0.0 6.6

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.0個/cm2、その他の花粉0.0個/cm2、自動計測KH3000の測定値は6.6個/m3・時でした。花粉自動計測器 KH-3000は問題なく作動しました。KH-3000の数値は大気中の浮遊物質などによるバイアスと考えられます。