夜は晴れていましたが、明け方から曇り、重い曇り空が続き、本日も気温が上がりませんでした。午後は一時晴れ、一時小雨のはっきりしない天気が続きました。

9月も本日から下半期、この時期には、昨年を例にとりますと都心ではヨモギ属(キク科)とカナムグラ(アサ科カラハナゾウ属)が飛散します。東京都福祉保健局の花粉情報(東京アレルギー情報nabi)によりますと千代田の測定値(9〜10月)はヨモギ属9.3個/cm2、カナムグラ10.0個でした。当地では、ヨモギ属0.9個/cm2、カナムグラ9.3個/cm2でした。ヨモギ属が少ない傾向が認められました。草木の花粉は飛散距離が短いので、地域による差があり、しかもその差が大きいと思われます。また秋に飛散する草木の花粉は口腔アレルギー症候群を起こす可能性がありますので、気候の影響とともに注意が必要です。