日別: 2019年4月22日

2019年4月22日 花粉情報

薄曇りが続き、時々日差しがある一日で、気温が急上昇しました。落下法による観測では、スギ花粉0.0/cm2、ヒノキ花粉27.2/cm2でした

ヒノキによると考えられる症状の悪化を訴える方も少数ながら見られましたが、その他の花粉が大変多く194.1/cm2観測されました。もちろん、カバノキ科(大半がシラカンバ)、ブナ科、ニレ科、マツ科それにイチョウなど多種の花粉が観測されました。

その他の花粉の割合が日々大きくなっています。気候変動が大きく、その影響もあり、悪化の原因の特定は簡単ではありません。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年4月21日 花粉情報

本日も晴れて暖かな一日でした。そのため、花粉が多く飛散したようで、自動計測の記録が日中上昇しました。落下法による観測は、平素、スギ、ヒノキ、その他に分類して計測しています。その他の中には、多くの種類の花粉が含まれ、また拡大率を上げないと判別が困難な花粉も見られ、計測時間が平素の3倍近くかかり、毎日は時間的に無理があり、週末のみ計測を試みることにしました。結果、スギ花粉は0.9/cm2、ヒノキ花粉が27.8/cm2と、それぞれ減少傾向が見られ、その他の花粉が96.3/cm2でした。その他の花粉の中には、カバノキ科10.8/cm2(大半がシラカンバでした)、ブナ科3.7/cm2、ニレ科5.9/cm2、マツ科10.2/cm2観測されました。それぞれ少数ですが飛散が認められますので、今後ヒノキの飛散終了後に症状が残る方は抗原として考慮する必要がありそうです。

花粉自動計測器(KH-3000)