月別: 2019年4月

2019年4月30日 花粉情報

平成最後の日は、雨で始まりました。午前0時過ぎから午前中降り続きました。スギ花粉は0個/cm2、ヒノキ花粉も0.3個/cm2、その他の花粉はそれぞれ少数ですが、マツ、カバノキ、ブナ、ニレなどが計5.9個/cm2観測されました。

花粉自動計測器は測定値をほぼ0個を記録しました。正午前に雨が小雨になると風は南風に変わりやや強い風が吹きました。しかし、午後も自動計測器の花粉測定値が増える様子は認められませんでした。

まとまった雨が降るとスギ、ヒノキ花粉の飛散は一時止まります。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年4月29日 花粉情報

昨夜から曇り空が続き、ほぼ一日曇っていました。夜に雨がふるとの予報でしたが、当地では降りませんでした。プレパラートの汚れは昨日以上でしたが、花粉は少なく、スギ花粉0.6/cm2、ヒノキ花粉2.2/cm2でした。その他の花粉も12.7/cm2と少数でした。

花粉自動計測器でも平均14.8/m/時を記録、ほぼ一日押し並べて少数でした。しかし、当地は環状6号線(山手通り)に面しており、周辺道路は全て舗装されており雨が降らない限り再飛散があってなかなか飛散終了になりません。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年4月28日 花粉情報

朝から良く晴れて暖かい一日でした。平成最後の日曜日、交通量も少なく大変きれいなプレパラートでした。カウントされた花粉は大半がその他の花粉で44.8/cm2でスギ花粉は0.9/cm2観測されましたので、飛散終了にはなりませんでした。

都心はコンクリートの道が多く再飛散があり、飛散終了が不明確になる傾向があります。ヒノキ花粉は4.0/cm2でした。少ないのですが、ヒノキはもう少し飛散が続きそうです。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年4月27日 花粉情報

スギ花粉が1.5/cm2、ヒノキ花粉も28.1/cm2、その他の花粉が53.7個/cm2でした。

10連休初日、平成最後の週末です。花粉症に連休はありませんので、観測と情報提供を続けます。雨は深夜のうちに上がり、その間北寄りのやや強い風が吹きました。日中はほぼ曇り空が続き、北寄りの風が吹き、寒い一日でした。この間、花粉自動計測器はほとんど飛散を記録しませんでしたが、18時すぎから測定値が上昇しました。
交通量の増加もありますが、風向きが北寄りから南寄りに変わったことが影響したように思われます。本日のプレパラートは非常に綺麗でした。

連休で都内に長時間外出されたり、山間部のヒノキの発生源に行かれた方は、症状が出た方もいると思われます。ヒノキに対する注意はもうしばらく続けてください。

汚れの少ないプレパラート

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年4月26日 花粉情報

スギ花粉は0.3個/cm2で、ヒノキ花粉9.9個/cm2、その他の花粉53.7個/cm2でした。

雨は深夜のみ、予報ほどの雨は降りませんでした。北寄りの風が吹き、急激に気温が下がりました。自動計測はほとんど花粉を記録しませんでした(10.7個/m3/日)。プレパラートは酷く汚れていました。

本日来院した花粉症患者さんは、多くの方が軽症でした。ここ数日の天候の変化によると思われる急性の上気道炎が目立ちました。

汚れの目立つプレパラート

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年4月25日 花粉情報

スギ花粉0.0個/cm2、ヒノキ花粉0.9/cm2、その他の花粉41.4/cm2でした。その他の花粉は、マツ科、ブナ科、ニレ科、カバノキ科、イチョウなど様々な花粉が認められました。

昨夜の雨は深夜にはいったん上がり、午前3時過ぎに雨が降りだしました(はなこさん)。花粉は8時までほぼ0/cm2でしたが、昼から夕方まで少数、夕方以後はやや多くの飛散が認められました(花粉自動計測器)。落下法でも、40/cm2を超える花粉が観測されましたが、そのほとんどがその他の花粉でした。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年4月24日 花粉情報

スギ花粉0.3個/cm2、ヒノキ花粉4.6個/cm2観測され、大半はその他の花粉で25.9個/cm2でした。日中は曇り空が続き、その後は雨となりました。
花粉自動計測器は、ほぼ一日ほとんど花粉を記録しませんでした。

本日夜には本格的な雨になりましたので、花粉の飛散は一時止まると思われます。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年4月23日 花粉情報

スギ8.0/cm2、ヒノキ28.7/cm2、その他175.6個でした。

朝から晴れて、本日も気温が上がりました。午後から薄曇りとなりましたが暖かさは続きました。花粉自動計測器も本日も多くの飛散を記録しました。
スギはやや増えましたが、ヒノキはほぼ昨日と同じ、その他の花粉は本日も非常に多く飛散しました。

スギ花粉症の免疫療法を受けている方は、症状が軽症の方がほとんどになりました。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年4月22日 花粉情報

薄曇りが続き、時々日差しがある一日で、気温が急上昇しました。落下法による観測では、スギ花粉0.0/cm2、ヒノキ花粉27.2/cm2でした

ヒノキによると考えられる症状の悪化を訴える方も少数ながら見られましたが、その他の花粉が大変多く194.1/cm2観測されました。もちろん、カバノキ科(大半がシラカンバ)、ブナ科、ニレ科、マツ科それにイチョウなど多種の花粉が観測されました。

その他の花粉の割合が日々大きくなっています。気候変動が大きく、その影響もあり、悪化の原因の特定は簡単ではありません。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年4月21日 花粉情報

本日も晴れて暖かな一日でした。そのため、花粉が多く飛散したようで、自動計測の記録が日中上昇しました。落下法による観測は、平素、スギ、ヒノキ、その他に分類して計測しています。その他の中には、多くの種類の花粉が含まれ、また拡大率を上げないと判別が困難な花粉も見られ、計測時間が平素の3倍近くかかり、毎日は時間的に無理があり、週末のみ計測を試みることにしました。結果、スギ花粉は0.9/cm2、ヒノキ花粉が27.8/cm2と、それぞれ減少傾向が見られ、その他の花粉が96.3/cm2でした。その他の花粉の中には、カバノキ科10.8/cm2(大半がシラカンバでした)、ブナ科3.7/cm2、ニレ科5.9/cm2、マツ科10.2/cm2観測されました。それぞれ少数ですが飛散が認められますので、今後ヒノキの飛散終了後に症状が残る方は抗原として考慮する必要がありそうです。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年4月20日 花粉情報

本日は、スギ花粉7.4/cm2、ヒノキ花粉63.3/cm2、その他の花粉が92.9個/cm2でした。その他の花粉では、カバノキ科が5.2個/cm2、ブナ科が6.2個/cm2、ニレ科が7.1個/cm2、マツ科が10.8個/cm2でした。

本日も晴れて気温が上がりました。スギ、ヒノキ飛散花粉数は少なくなりましたが花粉自動計測器の測定値は多くの花粉を計測しています。4月以降に計測される花粉の多くはスギ、ヒノキ以外の花粉です。当院ではこれらを「その他の花粉」として総計で報告していますが、これらの花粉が原因で花粉症を起こすものがあり、それにより口腔アレルギー症候群を引き起こすこともあります。

その他の花粉からは、カバノキ科、ブナ科、ニレ科、マツ科などが観測されていますが、マツ以外のこれらの花粉は口腔アレルギー症候群が起こる可能性が指摘されている花粉症での原因です。そのため、当地でも4月中旬以後の花粉も、花粉を吸入しないように注意が必要です。

スギ、ヒノキ以外の花粉の観測に慣れていませんので精度について不安ですが、当地でも4月以降に口腔アレルギー症候群が起こり得る花粉の飛散があるようです。

 

様々な花粉

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年4月19日 花粉情報

朝からよく晴れて暖かでした。当院の花粉自動計測器の測定値が6時過ぎから上昇し、はなこさん(環境省花粉情報システム)での新宿区役所第二分庁舎でも同様に測定値の上昇を認めました。

そのため、午前11時にプレパラートの交換をしました。午前11時までの観測数は、スギ1.5/cm2、ヒノキ28.4/cm2、その他63.6個(マツ4.9個、マツ以外58.6個)/cm2とその他の花粉が大半でした。
午前11時以後も傾向は変わらず、スギ1.5/cm2、ヒノキ33.3/cm2、その他(マツ11.1個、マツ以外120.7個)/cm2でした。

ヒノキはもう暫く警戒が必要です。本日は風が強かったのか、花粉と浮遊粒子が混在して観測が容易ではありませんでした。

汚れの目立つプレパラート

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年4月18日 花粉情報

スギは0.0個/cm2、ヒノキも1.5個/cm2でした。その他の花粉はマツが24.2個/cm2、マツ以外が54.6/cm2、計78.7/cm2でした。

本日も晴れて暖かでした。風は弱く穏やかでしたので、花粉は少ない一日でした。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年4月17日 花粉情報

スギ0.3個/cm2、ヒノキ10.2個/cm2で、大半は、その他の花粉で54.0個/cm2でした。

一昨日に続いて昨日も平均湿度44%、最小湿度19%と乾燥しました。本日は、乾燥によると考えられる症状を訴える方が後を絶ちませんでした。
スギ花粉は減少傾向が認められ、終了が近いと思われます。
ヒノキはもうしばらく様子を見る必要がありそうです。

花粉自動計測器(KH-3000)