月別: 2019年1月

2019年1月19日 花粉情報

本日も晴れました。今年はとにかく雨が降りません。花粉も観測されませんでした。

昨日、花粉自動計測器が71.2個/m3/時を記録しましたが、昨日の平均風速は3.9m/sでした。17日は平均風速2.2m/sで、自動計測器が24.7個/m3/時でしたので、風の強さの影響を受けるようです。

しかし、花粉は顕微鏡下で観測されていませんので、風の影響による砂塵が計測器の数値を上昇させているようです。


2018年1月18日 花粉情報

そろそろ「スギ花粉はいつから飛散するのか?」という話題が出始めております。
しかし、本日も花粉は観測されませんでした。

プレパラートは、今シーズン一番の汚れでした。強い風が吹いたようです。

花粉自動計測器は、71.2/m3/時を記録しました(花粉ではなく、砂塵が計測されていると考えられます)。


2018年1月17日 花粉情報

一日よく晴れましたが、花粉は観測されませんでした。

そのため、ごく一部の方が花粉症のような鼻症状を訴えておられますが、スギ花粉の影響ではなく冷気などによる鼻炎症状や感冒などが主な原因と考えられます。


2018年1月16日 花粉情報

よく晴れましたが、大変強い風が午前中に吹きました。そのため、砂塵が発生したようで花粉自動計測器(KH-3000)の測定値が跳ね上がりました。しかし、スギ花粉は本日も観測されませんでした。

本日は、メトロポリターナ2月号「働くオンナの救Q箱」の取材を受けました。

「平成30年度東京都花粉症対策委員会(第2回) が1月23日に東京都健康安全研究センターにて開催されます。東京の花粉飛散予測としては、この委員会で報告される内容が例年最終的な予測として捉えられており、報告内容は各界から注目されています。


2018年1月15日 花粉情報

曇り空が続き、一時雨が降り天候変化の激しい1日でした。
本日は、10日振りにスギ花粉が0.3個/cm2観測されました。

プレパラートは細かい砂塵で覆われていましたが、KH-3000に計測されないサイズの砂塵が多かったためか、測定値は18.2/m3/時とそれほど高い数値を示しませんでした。


2018年1月14日 花粉情報

本日は連休の3日目ですが、よく晴れて比較的暖かな1日でした。

風も弱く、本日も花粉は観測されませんでした。


2019年1月13日 花粉情報

3連休の2日目ですが、本日の山手通りの交通量は少なく、正月3日に続いてプレパラートに汚れの少ない日でした。

本日も花粉の飛散はありませんでした。自動計測器もプレパラートの汚れの少なさが反映されるかのように、待機中の浮遊粒子が少ないことから測定値は低値を示しました。

花粉自動計測器(KH-3000)のデーター(大気中浮遊粒子を計測するものの低値)


2019年1月12日 花粉情報

曇り空が続き、午後には小雨、小雪がチラつきました。寒さは格別で、とにかく寒い1日でした。当地では、5日の初観測以来花粉は観測されていません。


2019年1月11日 花粉情報

朝から快晴、風も弱く気温も上がり暖かな日になりました。このような日は風向が変わりますので、スギ花粉を観測することが少なくありません。しかし、本日も花粉は観測されませんでした。


2019年1月10日 花粉情報

昨日の平均風速は、4.7m/secでした。今年一番の強い風でした。本日は、冷え込みが厳しく今年一番の寒さとなりました。花粉は観測されませんでした。

自動計測器の測定値の上昇が認められましたが、花粉は顕微鏡下では観測されなかったため、風による砂塵が影響したと考えられました。

本日もNHKの取材がありました。花粉症対策の普及に力を貸していただけそうです。


2018年1月9日 花粉情報

本日も晴れて、大変寒い日でした。花粉自動計測器の測定値は朝から上昇を続け、61.4/m3/時と今年の最高値を示しました。おそらく、強い風の影響が理由と考えられます。しかし、実際の顕微鏡の像ではその他の花粉が0.9/cm2観測されるのみで、その周囲には同じサイズの粒子(砂塵)が観測されました。そのため、待機中の浮遊粒子を自動計測器が主に測定されたものと考えられます。

本日、NHKの取材を受けました。大変良く勉強されていて、真面目に花粉症に取り組まれていると感じました。

 

その他の花粉と、その周囲に付着した同型程度の浮遊粒子

症状の出ない程度の極僅かな花粉飛散のみであるが、本日の強い風の影響からか多く自動観測された測定値(大気中の同サイズの浮遊粒子を測定していると考えられる)


2018年1月8日 花粉情報

本日も晴れましたが、朝は気温が下がり非常に寒く乾燥しています。嗄声、咳、咽喉頭痛など乾燥が原因と考えられる方が多数来院されました。
花粉は本日も観測されませんでした。

1月1日から7日までの各日の最高気温の積算値は73.4でした。当地のスギ花粉飛散開始日までの各日の最高気温の積算値は例年おおよそ440℃です。
昨年は
飛散開始日2月10日で最高気温の積算値375.8℃でしたので、例外的に低い積算値の温度での飛散開始でした。

今年再設置された花粉自動計測器 KH-3000は一時記録が途切れることもありましたが、順調に作動しています。元旦は交通量が非常に少なく測定値が8.2/m3/時でしたが(花粉は飛散はなく、空中浮遊物質を計測しているものとかんがえられます。)、交通量が戻った本日は28.4/m3/時でした。データを積み重ねて補正ができると良いと思われました。


2019年1月7日 花粉情報

昨日に続き体調をくずし、本日は臨時休診とさせていただきました。
来院予定だった患者様には大変申しわけありませんでした。

 

晴れが続いていて、乾燥した日々が続いています。本日は、その他の花粉0.9個/cm2観測されました。
1月5日にスギ花粉が観測されましたが、初観測は症状が出るという意味ではありません。顕微鏡像で確認されたということです。また、スギ花粉の飛散開始日(アレルギー関連情報 クリックして参照)は定義により定められています。

この時期は、症状が見られたら急性鼻炎、乾燥性、上気道炎やインフルエンザなどを疑う必要があります。


2019年1月6日 花粉情報

体調をくずし、本日は観測のみになりました。

その他の花粉0.3個/cm2観測されました。