東京都内の花粉情報

2021年3月20日 花粉情報

日付が変わる前から曇り空が続きました。しかし、夜の気温は高く(午前5時:11.5℃)保たれ、風も弱く、花粉はほとんど観測されませんでした(KH-30000。一日曇りの予報でしたが、日中は晴れ間も見られ暖かく(午後3時:17.5℃)、風は穏やか(1〜3m/s)で、花粉の飛散は少なく推移しました(KH-3000)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/20 5.9 7.1 13.9 5.3

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉5.9個/cm2(少ない)、ヒノキ花粉7.1個/cm2(少ない)でしたが合わせると13.0個/cm2(やや多い)レベルとなります。その他の花粉は13.9個/cm2認められ、観測数に占める割合が多くなっています。内訳はシラカンバ4.9個/cm2、ハンノキ2.8個/cm2、オオバヤシャブシ0.3個/cm2、コナラ属0.9個/cm2、イネ科0.6個/cm2、不明4.4個/cm2でした。
当院のKH-3000の測定値は5.3個/m3/時(やや多い)でした。
暖かな陽気になり、スギとヒノキの観測数が逆転し、スギ、ヒノキ以外の花粉が多くかつ観測される種類も多彩になりました。

さて、日本気象協会の品川区の昨日出された本日のスギ花粉飛散予想は「非常に多い」でした。本日になって、本日の予想は「少ない」に変わりました。これは、天気予報が「晴れ時々曇り」から「曇り」に変わったためで、飛散花粉の予想は、気象条件によって変わります。そのため、気象状況により刻々と変わりますので、皆様もtenki.jp(花粉飛散情報) を時々チェックして下さい。

花粉自動計測器(KH-3000)

スギ花粉

ヒノキ花粉

ハンノキ花粉

コナラ花粉


2021年3月19日 花粉情報

晴れ時々曇りとやや天気が変わりやすくなりました。しかし、夜の気温は高いまま保たれ(午前6時:11.0℃)、花粉は昨夜も「やや多い」レベルの飛散があり、この傾向が夕方まで続きました(KH-3000)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/19 27.8 24.4 21.9 12.6

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉27.8個/cm2(やや多い)、ヒノキ花粉24.4個/cm2(やや多い)でしたが合わせると52.2個/cm2、すなわち「非常に多い」レベルとなります。その他の花粉も21.9個/cm2と目立ってきました。観測される花粉の種類も増えて、シラカンバ8.7個/cm2、ハンノキ2.2個/cm2、コナラ0.6個/cm2、クヌギ0.6個/cm2、不明9.9個/cm2でした。
当院のKH3000の測定値は12.6個/m3/時(多い)でした。
日本気象協会の品川区の本日の天気予報は「晴時々曇り」、スギ花粉飛散予想は「やや多い」でした。明日の天気予報は「曇りのち雨」、花粉は「非常に多い」と予想されています。

スギ花粉の飛散数が減少して、ヒノキ花粉の飛散数が増加する時期がきました。「スギ花粉症」と診断を受けている皆さんは、「シーズンの終わりが近い」とお考えになる方もおられると思いますが、これは間違いです。スギ花粉とヒノキ花粉は共通する原因(共通抗原性)があります。その上、ヒノキ花粉はヒノキ独特の原因(抗原性)も持っています。そのため、ヒノキ花粉の飛散が終わるまでは、スギ花粉症の方は対応が必要です。また、スギ花粉抗原による特異的減感作療法を受けている方でも、ヒノキの飛散期には症状の悪化が見られることが少なくありませんので、ヒノキ花粉の吸入防止対策は必要です。

花粉自動計測器(KH-3000)

1視野に様々な花粉

ヒノキ花粉


2021年3月18日-2 花粉情報

晴れが5日続いて、大気が極端に乾燥しています、気温は高い(午前6時:8.0℃)ままですが風が穏やか(1〜2m/s)なので花粉は昨夜から「やや多い」レベルまで下がりました(KH-3000)。日中は南風が吹き、暖か(午後3時:17.5℃)でした。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/18 22.5 11.7 12.3 12.4

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉22.5個/cm2(やや多い)、ヒノキ花粉は11.7個/cm2で花粉総数に対する比率が上がっています。その他の花粉は12.3個/cm2でした。不明の花粉が最も多く、8.6個/cm2、シラカンバ2.2個/cm2、ハンノキ1.2個/cm2、オオバヤシャブシは観測されず、クヌギと思われる花粉が0.3個/cm2観測されました。
当院のKH-3000の測定値は12.4個/m3/時(多い)でした。
日本気象協会の品川区の本日の天気予報は「晴のち曇り」、スギ花粉飛散予想は「やや多い」でした。明日の天気予報は「曇り時々晴れ」、花粉は「非常に多い」と予想されています。

花粉自動計測器(KH-3000)

幼若なスギ花粉

ソメイヨシノ花粉

ハンノキ花粉


2021年3月18日-1 花粉情報

ヒノキ花粉の飛散が増えてきました。ヒノキ花粉は、スギ花粉が多く飛散している季節とは若干症状が変わ理、眼、鼻の症状に加えて咽喉頭の症状が目立ちます。また、抗原はスギと同じと考えられていましたが、ヒノキ独特の抗原も持っています。そのため、スギ花粉による特異的免疫療法(減感作療法)では抑えきれない方もいます。現在は、ヒノキの免疫療法用剤がありません。ですから、ヒノキ花粉は吸入防止が大切です。ヒノキ花粉の飛散が終わるまでは油断しないで下さい。


2021年3月17日-2 花粉情報

昨夜から晴れが続いています、気温は高い(午前6時:11.5℃)ままでした。花粉は、昨夜から「極めて多い」レベルの花粉が観測されました(KH-3000)。午後も晴れが続き、気温が大きく上昇(午後3時:21.5℃)、さらに多くの飛散花粉が観測され(KH-3000)、本日も様々な花粉が飛散して、花粉症の方には厳しい1日であったと思われます。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/17 160.5 41.7 34.3 57.5

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉160.5個/cm2(極めて多い)、ヒノキ花粉も徐々に増えて41.7個/cm2、その他の花粉34.3個/cm2は様々な花粉が観測され、シラカンバ9.3個/cm2、ハンノキ3.1個/cm2、オオバヤシャブシ0.6個/cm2、不明21.3個/cm2でした。
当院のKH-3000の測定値は57.5個/m3/時(極めて多い)でした。
日本気象協会の品川区の本日の天気予報は「晴」、スギ花粉飛散予想は「やや多い」でした。明日の天気予報は「晴時々曇り」、花粉は「非常に多い」と予想されています。今後、スギ花粉が減少して、ヒノキ花粉が増加することからスギとヒノキが逆転しますが、治療用抗原エキスがないヒノキは免疫療法ができないため、少数の飛散でも症状の出る方が少なくありません。吸入防止に努めて下さい。

花粉自動計測器(KH-3000)

ヒノキ花粉(左)とスギ花粉(右)

その他の花粉

クヌギ花粉


2021年3月17日-1 花粉情報

昨夜から本日午前中にかけて当院の自動計測器(KH-3000)が、コンスタントに「極めて多い」レベルの観測数を記録しています。これらはスギ花粉、ヒノキ花粉が大半であると思われます。ヒノキ花粉の飛散数が増加しています。当地では、過去にヒノキ花粉の飛散数がスギ花粉の飛散数を超えたことはありませんが、平成30年には、スギ花粉4162/cm2、ヒノキ花粉3895.4/cm2と肉薄しました。当地でのヒノキ花粉の最大飛散日は3月下旬から4月上旬のことが多く、この時期にはスギよりヒノキ花粉の方が多くなることも少なくありません。本日も午後は気温が上がり、飛散花粉が増える可能性があります。花粉症の方が長時間の外出をすれば多くの花粉を吸入することになりますので、不要不急の外出は避けて下さい。


2021年3月16日-2 花粉情報

昨夜は晴れが続いていましたが、未明から朝にかけ一時雲が多くなりましたが、気温は高く(午前6時:9.0℃)、穏やかな午前中でした。花粉は、午前中は少ない飛散で推移しましたが、午後は非常に多くの花粉が観測されました(KH-3000)。結局、午後は晴れが続き、気温が大きく上昇(午後3時:21.5℃)、暖かな午後でした。しかし、様々な花粉が非常に多く飛散して花粉症の方にはやや厳しい1日でした。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/16 81.8 32.4 29.0 30.3

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉81.8個/cm2(非常に多い)、ヒノキ花粉32.4個/cm2、その他の花粉29.0個/cm2でした。その内、ハンノキ3.1個/cm2、シラカンバ10.2個/cm2、オオバヤシャブシ1.9個/cm2、不明13.8個/cm2でした。
当院のKH-3000の測定値は30.3個/m3/時(非常に多い)でした。
日本気象協会の品川区の本日の天気予報は「晴」、スギ花粉飛散予想は「やや多い」でした。明日の天気予報は「晴」、花粉は「非常に多い」と予想されています。本日はスギとヒノキを合わせますと、114.2個/cm2すなわち「極めて多い」レベルとなり、スギ・ヒノキ花粉症の方には辛い1日であったと思います。明日も様々な花粉が非常に多く飛散して花粉症の方には厳しい1日となる可能性が大きいと思われます。ご注意ください。

花粉自動計測器(KH-3000)

様々な花粉

ヒノキ花粉

シラカバ花粉

オオバヤシャブシ花粉


2021年3月16日-1 花粉情報

昨夜から本日午前中にかけて当院の自動計測器(KH-3000)は、コンスタントに「非常に多い」レベルの観測数を記録しています。これらの花粉がスギ花粉かヒノキ花粉かは落下法で確認しなければなりませんが、季節柄、大半はスギ花粉かヒノキ花粉であると思われます。また、午後は北寄りから南寄りの風に変わり、やや強く吹くと予想されています。飛散花粉が増える可能性があります。「塵も積もれば山となる」のたとえ通り、花粉症の方が長時間の外出をすれば多くの花粉を吸入することになりますので、不要不急の外出は避けてください。


2021年3月15日 花粉情報

昨日から晴れが続き、気温はやや高く(午前5時:9.5℃)、穏やかな午前中でした。花粉は少ない飛散で推移していましたが、午後2時過ぎから増加に転じ、午後3時(19.0℃)には極めて多いレベルとなりました(KH-3000)。その後、飛散は夜(午後8時)まで続きました。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/15 55.2 21.6 10.2 24.1

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉55.2個/cm2(非常に多い)、ヒノキ花粉21.6個/cm2、その他の花粉10.2個/cm2でした。気温上昇に伴って様々な花粉が観測されるようになりました。ハンノキ2.2個/cm2、シラカンバ0.9個/cm2、オオバヤシャブシ0.3個/cm2、コナラと思われる花粉0.3個/cm2、ソメイヨシノと思われる花粉0.3個/cm2、不明6.2個/cm2でした。
当院のKH-3000の測定値は24.1個/m3/時(非常に多い)でした。
日本気象協会の品川区の天気予報は「晴」、スギ花粉飛散予想は「やや多い」でした。明日の天気予報は「晴」、花粉は「非常に多い」と予想されています。

当地では、昨日ヒノキ花粉が本格飛散日となりました。東京都花粉情報によりますと、都心(3/6)、立川(3/4)、小平(3/9)、青梅、多摩(3/10)、八王子(3/12)の各地点でヒノキ花粉が飛散開始したようです。当地の飛散開始は3/10でした。

花粉自動計測器(KH-3000)

ハンノキ花粉

多数見られるヒノキ花粉


2021年3月14日-2 花粉情報

未明から晴れ、風はやや強い(5〜8m/s)風が1日続き、気温は高く(午前5時:12.5℃、午後1時:18.0℃)、KH-3000の計測値は「非常に多い」との予報通り、午前3時から上昇しました。午後にはさらに観測数が増え、夜になっても風が吹き(7〜8m/s)花粉飛散が止まることなく、その結果「極めて多く」の飛散となりました。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/14 150.9 21.9 14.2 50.6

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉は150.9個/cm2(極めて多い)、ヒノキ花粉21.9個/cm2で本格飛散となり、その他の花粉も14.2個/cm2でした。その他の花粉で多く認められたのは不明11.8個/cm2で、ハンノキ0.6個/cm2、シラカンバ0.9個/cm2、オオバヤシャブシ0.9個/cm2でした。気温の上昇に伴って様々な花粉が観測されるようになりました。
当院のKH-3000の測定値は50.6個/m3/時(極めて多い)でした。
日本気象協会の品川区の天気予報は「晴」、スギ花粉飛散予想は「やや多い」でした。明日の天気予報は「晴」、花粉は「やや多い」と予想されています。とはいえ、このところ予想を上回る飛散が続いています。油断しないで下さい。

今シーズン前、私は当地のスギ・ヒノキ花粉の総飛散数を次のように予想しました。「品川では、例年(5012個/cm2)の60%、前年(2842個/cm2)の160%すなわち3000〜4550個/cm2。」ところが、今シーズン当地では、本日までにスギ・ヒノキ花粉飛散数は既に総計3331個/cm2に達しています。今後、スギは徐々に減少、ヒノキは増加すると思われますが、気象条件によって予想した総数4550個/cm2を超える可能性が出てきました。患者の皆様はもうしばらく警戒を解かないで下さい。

花粉自動計測器(KH-3000)

スギ花粉(左)とヒノキ花粉(右)
その他の花粉

 


2021年3月14日-1 花粉情報

花粉が飛散する条件、「晴れて強い風が吹く」が揃い、午前3時過ぎから当地のKH-3000の測定値は40個/m3/時を超え続けています。「極めて多い」レベルの飛散が続いていることを示しています。花粉症の方には厳しい数値ですので、外出はマスクなど対策を忘れずに、短時間に済ませて下さい。


2021年3月13日 花粉情報

昨夜から引き続き雨、風はやや吹くも(1〜4m/s)気温は思いの外高く(午前5時:11.0℃)、雨が降り続きました。久しぶりのまとまった雨が降り、夕方からは雨が激しく強い風が吹きました。花粉の飛散は日中は認められず(KH-3000は0〜1個/m3/時)、顕微鏡での観察の落下法でも予想通り「少ない」でした。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/13 4.6 1.5 0.6 0.4

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉4.6個/cm2(少ない)でしたがその5割は雨で破裂していました。ヒノキ花粉1.5個/cm2で今後増加する傾向が認められます。その他の花粉0.6個/cm2はシラカンバ0.3個/cm2、不明0.3個/cm2でした。
当院のKH-3000の測定値は0.4個/m3/時(少ない)でした。KH-3000の測定値が1.0個/m3/時以下であったのは1月24日(ほぼ一日雨)以来でした。
本日は広い範囲で強い雨が降った(午後3〜5時)ので、はなこさんも関東地方全体が0の測定値でした。プレパラート表面は水浸しとなり、ワセリンが剥がれていました。当地の雨は夜9時には上がっていましたが、通常雨上がり後の花粉飛散は早くとも1〜2時間後なので、結局本日はスギの飛散は少ない結果となりました。
日本気象協会の品川区の天気予報は「雨のち晴」、スギ花粉飛散予想は「少ない」でした。明日の天気予報は「晴」、花粉は「非常に多い」と予想されています。雨上がりです。気を付けてください。

花粉自動計測器(KH-3000)

シラカバ花粉

破裂したスギ花粉


2021年3月12日 花粉情報

昨日から引き続き、風は穏やかで(0〜1m/s)晴れ、気温は昨日より高く(午前6時:9.0℃)、昼前から風向きが変わり、気温が上がりましたが(午後3時:16.5℃)曇り空が続き、夕方(PM5:00〜)には小雨がぱらつきました。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/12 38.6 4.6 3.6 19.5

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉38.6個/cm2(多い)、ヒノキ花粉4.6個/cm2(6日連続観測:3月10日が飛散開始日)、その他の花粉3.6個/cm2でした。シラカンバ1.2個/cm2、ハンノキ1.2個/cm2、オオバヤシャブシ0.6個/cm2、不明0.6個/cm2でした。
当院のKH-3000の測定値は19.5個/m3/時(多い)でした。
日本気象協会の品川区の天気予報は「曇り一時雨」、スギ花粉飛散予想は「やや多い」でした。明日の天気の予報は「雨のち曇り」、花粉は「多い」と予想されています。本日の予報では、今夜から雨が降り、明日も続き、強い風(春の嵐)吹くとの予報です。雨が終日続くようならば、花粉の飛散は少なく、昼前に止むとその後多くの花粉が飛散しそうです。

兼子 順男先生から保谷市東伏見の観測データを連日いただいていますが、そのデータによりますと、「3月6日がヒノキ花粉の飛散開始日であった。」そうです。貴重なデータをありがとうございます。

花粉自動計測器(KH-3000)

スギ花粉とハンノキ花粉

スギ花粉とオオバヤシャブシ花粉

破裂したスギ花粉


2021年3月11日-2 花粉情報

ヒノキ花粉の飛散状況

年 度 飛散開始 最大飛散 飛散数 飛散終了
2001年 3月20日 4月15日 89.2 4月29日
2002年 3月2日 3月21日 60.5 4月25日
2003年 2月26日 4月19日 32.7 5月9日
2004年 3月28日 4月9日 9.9 4月26日
2005年 3月18日 4月7日 795.7 5月21日
2006年 3月25日 3月26日 18.8 5月6日
2007年 3月22日 3月29日 41.4 5月11日
2008年 3月16日 3月29日 74.7 5月1日
2009年 3月7日 4月8日 107.4 5月4日
2010年 3月16日 4月7日 17.6 4月30日
2011年 3月16日 4月7日 360.8 5月15日
2012年 3月27日 4月13日 16 5月6日
2013年 3月6日 3月30日 220.7 5月1日
2014年 3月16日 3月29日 133.6 5月12日
2015年 3月4日 3月31日 28.4 5月1日
2016年 3月15日 3月31日 81.2 5月8日
2017年 3月16日 4月15日 50.6 5月11日
2018年 3月1日 3月30日 814.5 5月1日
2019年 3月1日 4月5日 252.5 5月25日
2020年 3月11日 3月22日 57.4 5月5日
2021年 3月11日 ? ? ?

2021年3月11日-1 花粉情報

昨日から引き続き晴、風は穏やか(1〜2m/s)、気温は昨日より低く(午前6時:6.0℃)、昼前から風向きが変わり、気温が上がりましたが(午後1時:13.8℃)、風が穏やかなままなので、花粉の飛散は増えませんでした。しかし、午後3時南風がやや強くなると飛散数が増加に転じました(KH-3000)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/11 68.2 3.1 3.1 18.7

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉68.2個/cm2(非常に多い)、ヒノキ花粉3.1個/cm2(5日連続:3月10日が飛散開始日)、その他の花粉3.1個/cm2でした。その他はシラカンバ1.6個/cm2、ハンノキ0.6個/cm2、オオバヤシャブシ0.3個/cm2、不明0.3個/cm2でした。
当院のKH-3000の測定値は18.7個/m3/時(多い)でした。日本気象協会の品川区の天気予報は「晴」、スギ花粉飛散予想は「やや多い」でした。明日の天気予報は「曇りのち雨」、花粉は「やや多い」と予想されています。気温の低下による症状の悪化に注意しましょう。

スギ花粉

オオバヤシャブシ花粉

シラカバ花粉

スギ花粉(左)とヒノキ花粉(右)

花粉自動計測器(KH-3000)


2021年3月10日-2 花粉情報

未明から朝まで曇り、朝(AM8:00〜)から快晴、風は穏やか(0〜3m/s)、気温は昨日より大変高く(午前6時:10.0℃)、夜間は少なかったものの明け方から飛散数が増加して、午前8時過ぎから風が強くなり(4〜7m/s)、気温が上がり(午後1時:19.0℃)、花粉飛散の勢いが一気に増しました(KH-3000)。北関東から多くなり、関東全域に広がりました(はなこさん)。午後6時、やっと一桁になり、その後減少しました。本日で1月1日からのスギ花粉の総飛散数は3000個/cm2を超えました。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/10 318.5 8.0 12.3 87.2

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉318.5個/cm2(極めて多い)、ヒノキ花粉8.0個/cm2(4日連続)、その他花粉は、ハンノキ2.8個/cm2、シラカンバ4.3個/cm2、不明5.2個/cm2、計12.3個/cm2でした。当院のKH3000の測定値は87.2個/m3・時(極めて多い)でした。
気温が急上昇したためヒノキ花粉とその他の花粉の飛散が増えました。今後さらに増えると思われます。日本気象協会の品川区の天気予報は「晴」、スギ花粉飛散予想は「やや多い」でした。明日の天気の予報は「晴れ」、花粉は「やや多い」と予想されています。明日、晴れて風が吹くと予想より多くなる可能性がありますので、油断は禁物です。

佐橋 紀男先生が全国の飛散状況を集計しておられます。毎年、大変なお仕事ですが、このデータは花粉症対策に不可欠な仕事であり、後世に残る貴重なデータとなります。この場を借りて感謝いたします。

ヒノキ花粉

スギ花粉と中央にハンノキ花粉

スギ花粉と中央左にシラカバ花粉

スギ花粉と中央にヒノキ花粉

花粉自動計測器(KH-3000)


2021年3月10日-1 花粉情報

昨夜から曇り空で花粉の飛散は早朝まで認められませんでしたが、当地では朝(午前8時〜)から急激に花粉の飛散数が増加しました(KH-3000)。
環境省花粉観測システム(はなこさん)によると北関東から飛散数が多くなり、関東全域に拡がっているようです。当地では「極めて多い」飛散です。万全の対策をして下さい。


2021年3月9日 花粉情報

曇り一時小雨時々晴れるという目まぐるしい天気の朝、やや風はあり(3〜4m/s)、気温は昨日より高く(午前6時:6.5℃)、夜間は花粉の飛散は少なかったものの少数飛散しており、晴れると勢いが増す気配がありました。しかし、昼前から栃木の山間部で一時飛散したものの、当地はほとんど少ない飛散で終始しました(K-H3000)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/9 17.3 0.6 2.1 7.2

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉17.3個/cm2(やや多い)、ヒノキ花粉0.6個/cm2(3日連続)、その他の花粉2.1個/cm2でした。その他は、ハンノキ0.6個/cm2、シラカンバ0.6個/cm2、ケヤキ0.3個/cm2、不明0.6個/cm2と様々な花粉が飛散していました。今後、気温が上昇するとさらにバリエーションが拡がると思います。
当院のKH-3000の測定値は7.2個/m3/時(やや多い)でした。日本気象協会の品川区の天気予報は「曇り」、スギ花粉飛散予想は「やや多い」でした。昨日、私は、「雨上がりは花粉が飛ぶと良く言われますように、植物は水を与えられると元気になりますので、明日は要注意です。」と申し上げましたが、然程飛散せず日本気象協会の予想が的中しました。明日の天気の予報は「曇りのち晴れ」、花粉は「非常に多い」と予想されています。ご注意ください。

スギ花粉

シラカバ花粉

破裂したスギ花粉

花粉自動計測器(KH-3000)


2021年3月8日-2花粉情報

未明は曇り、明け方から小雨、やや風はあり(2〜3m/s)、気温も昨日より低く(午前6時:6.0℃)、花粉の飛散は止みました(KH-3000)。その後も小雨が長く続き、気温は上がらず肌寒い1日でした。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/8 9.6 0.3 0.6 2.5

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉9.6個/cm2(少ない)、ヒノキ花粉0.3個/cm2(2日連続観測)、その他の花粉はシラカンバ0.3個/cm2、ハンノキ0.3個/cm2の計0.6個/cm2でした。当院のKH-3000の測定値は2.5個/m3/時(少ない)でした。
日本気象協会の品川区の天気予報は「雨のち曇り」、スギ花粉飛散予想は「やや多い」でした。明日の天気の予報は「曇り時々晴れ」、花粉は「やや多い」と予想されています。とはいえ、「雨上がりは花粉が飛ぶ」と良く言われますように、植物は水を与えられると元気になりますので、明日は要注意です。

また、本日スギ花粉は9.6個/cm2観測されました。内1.5個/cm2は破裂したスギ花粉でした。雨が激しくなり、スギ花粉が水に浸ると破裂する確率が高くなります。

スギ花粉

雨で破裂仕掛けたスギ花粉

シラカバ花粉

花粉自動計測器(KH-3000)


2021年3月8日-1 花粉情報

佐橋 紀男先生から「関東の各地でヒノキ花粉の飛散が認められる」との情報をいただきました。千葉県(富里市)、神奈川県(厚木市)、埼玉県(埼玉氏)など、都内でも当地の他に千代田区、八王子市で観測されたようです。


2021年3月7日-2 花粉情報

日付が変わる頃から夜間は曇り、やや風はあり(4〜6m/s)、気温も昨日より低く(午前6時:7.0℃)、花粉の飛散が続きました(KH-3000)。この傾向は関東地方全体に認められましたが、昼前には減少したものの、やや多めの飛散は日中続き(はなこさん)、午後5時にやっと一桁になりました(KH-3000)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/7 252.2 1.2 8.3 45.0

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉252.2個/cm2(極めて多い)、ヒノキ花粉1.2個/cm2で、その他の花粉8.3個/cm2、内0.9個/cm2はシラカンバ、0.3個/cm2はハンノキでした。当院のKH-3000の測定値は45.0個/m3/時(極めて多い)でした。

そろそろヒノキ花粉の飛散が始まりますが、現在はスギと区別が大変難しく判別が困難な花粉はヒノキとしています。日本気象協会の品川区の天気予報は「晴れのち曇り」、スギ花粉飛散予想は「やや多い」でした。明日の天気の予報は「曇り一時雨」、花粉は「多い」と予想されています。

大量に飛散したスギ花粉

破裂したスギ花粉

ヒノキ花粉

ハンノキ花粉

シラカバ花粉

スギ花粉と種別不明の花粉(中央下)

花粉自動計測器(KH-3000)

今シーズンも最大飛散日が2月になる公算が大きいです。スギとヒノキを分けて観測して、かつ日々のデータが残る昭和63年以後の33年間で最大飛散日が2月であったのは5年のみ、平成1年(2/21:9.6個/cm2)、平成16年(2/26:29.6個/cm2)、平成18年(2/23:90.1個/cm2)、平成21年(2/16:1172.8個/cm2)、令和2年(2/23:380.9個/cm2)でした。

平成21年は異例に早期で例外的に多くの飛散がありましたが、最大飛散日が2月の年は、飛散数が少ない年がほとんどでした。昨年も総飛散数は最近10年の平均を下回りました。とはいえ、3月前半に多くのスギ花粉の飛散がある傾向は全ての年に認められましたので、今年もまだ油断しないで下さい。


2021年3月7日-1 花粉情報

日付が変わっても、当院のKH-3000の測定値は3桁と高い値を示しています。本年1月1日から昨日までに落下法によって当地で観測されたスギ花粉の総数は2426.5/cm2でした。昨シーズン(1/14/30)は2466.7/cm2でしたので、本日これを超える予想です。

シーズン前、今シーズンの総飛散数は昨年の1.6倍と予想しましたので、もう暫く多くの飛散が続くと考えられます。午前中は、徐々に減少していますが、時間当たり2桁、つまり多い〜非常に多いレベルの飛散が続いています。気を緩めることなく対応して下さい。


2021年3月6日-2花粉情報

明け方まで雨、その後曇り空が続きました。風は弱く(1〜2m/s)、暖かく(午前6時:11.0℃)、花粉の飛散もほとんど見られませんでした(KH-3000)。関東地方の飛散も認められていませんでしたが、昼前から北関東を中心に飛散が始まり、埼玉県飯能方面で大飛散となると(はなこさん)、当地も昼過ぎには測定値が急上昇しました(KH-3000)。
その後晴れて多くの飛散が続きました。午後6時を過ぎると花粉の群れは東京湾、房総に抜けたようで、当地の飛散数はやや減少に転じました(はなこさん)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/6 400.6 0.0 2.2 84.2

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉は今シーズン2番目の400.6個/cm2(極めて多い)、ヒノキ花粉0.0個/cm2でした。その他の花粉はシラカンバ0.6個/cm2、ハンノキ0.3個/cm2、不明1.2個/cm2の計2.2個/cm2でした。当院のKH3000の測定値は84.2個/m3/時(極めて多い)でした。
日本気象協会の品川区の天気予報は「曇り一時雨」、スギ花粉飛散予想は「やや多い」でした。明日の天気の予報は「晴のち曇り」、花粉は「多い」と予想されています。引き続き多くの飛散があるかも知れませんので、ご注意下さい。

大量に飛散したスギ花粉

ハンノキ花粉

シラカバ花粉

花粉自動計測器(KH-3000)

当地は夜になっても大変多くの花粉が飛散しています(KH-3000)。夜になって多くの花粉が飛散しているのは、都心とその周辺(東京湾沿い)となりました。これは、「山間部から飛来した花粉は、東京湾上空に集結して、その後海風に乗って再び都心に戻る傾向がある」そうです。「はなこさん」のデータからそれが伺われます。今夜はこのまま花粉がしばらく続くと予想されます。


2021年3月6日-1 花粉情報

本日、昼前から北関東を中心に飛散が始まり、とりわけ埼玉県飯能方面で大飛散となる(はなこさん)と、当地も昼過ぎ(午後2)には測定値が急上昇しました(KH-3000)。
その後晴れるとさらに増える様相を示しています。午後の外出は万全の対策でお出かけ下さい。


2021年3月5日-2 花粉情報

昨夜から曇り空が続きましたが、風が弱まり(1〜2m/s)、暖かな夜(午前6時:10.0℃)でした。花粉の飛散もほとんど見られませんでした(KH-3000)。夜間から関東地方の飛散は認められていません(はなこさん)。午後3時過ぎに一時飛散数が増えましたが、午後5時雨が降り出すと再び減少しました(KH-3000)。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
PM11:00〜PM5:00 17.0 0.0 0.3 5.4
Pm5:00〜PM11:00 1.9 0.0 3.1 0.5
5日計 18.9 0.0 3.4 5.9

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉18.9個/cm2(やや多い)、ヒノキ花粉0.0個/cm2でした。その他の花粉はオオバヤシャブシが0.3個/cm2、不明3.1個/cm2、計3.4個/cm2でした。当院のKH-3000の測定値は5.9個/m3/時(やや多い)でした。
日本気象協会の品川区の天気予報は「晴れのち雨」、スギ花粉飛散予想は「多い」でした。本日の天気は予報通り「曇り一時晴のち雨」でした。雨は午後6時に降り出しました。「雨が降ると花粉の飛散が止まる」と言われますが、本日は降り出しから2時間後にKH-3000の測定値が0個/m3となりました。明日の天気予報は「曇り」、花粉は「多い」と予想されています。

スギ花粉

その他の花粉

花粉自動計測器(KH-3000)


2021年3月5日-1 花粉情報

昨日出された日本気象協会の品川区の天気予報は「晴れのち雨」、スギ花粉飛散予想は「多い」でしたが、当院のKH-3000の測定結果によると、午前中はほとんど花粉の飛散はなく、環境省花粉観測システム(はなこさん)でも、関東地方全域で飛散は少ないようです。夜は雨の予報です。まとまった雨が降ると花粉の飛散は一時止まりますので、本日午後は買い物などお出かけのチャンスかも知れません(コロナ対策のマスクを忘れずに)。


2021年3月4日 花粉情報

昨日から引き続き晴れて、風が弱まり(2m/s)、気温も下がり(午前6時:4.0℃)、花粉の飛散はおさまりました。夜間から午前中さらに午後も関東地方での飛散は認められていません(はなこさん)。昼過ぎから北風が南風に変わり、暖かくなりました(PM2:00:13.5℃)。夕方から一時曇るも気温の急激な低下はありませんでした。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
3/4 30.6 0.0 0.6 8.7

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉30.6個/cm2(多い)、ヒノキ花粉0.0個/cm2でした。その他の花粉は不明0.6個/cm2でした。スギ花粉は本年初めから本日までに、総数で2000個/cm2を超えて2007個/cm2を記録しました。

当院のKH3000の測定値は8.7個/m3/時(やや多い)でした。

日本気象協会の品川区のスギ花粉飛散予想は、本日は「やや多い」でした。明日の天気予報は「曇り」、花粉は「非常に多い」と予想されています。

花粉自動計測器(KH-3000)

今シーズンのスギ花粉飛散もピーク(最大飛散日)を向かいつつあります。
日々のデータが残る昭和63年以後のデータから当地の最大飛散日を拾いますと、2月であったのは5年、残る28年は全て3月でした。33年間の平均は39日となります。
気象協会の予報では、「週明けには、晴れて気温が上がる」と予想されていますので、来週に最大飛散に向かう可能性が大いにあります。花粉症の皆様はもう暫く、気を緩めず、ご注意ください。


2021年3月3日-2 花粉情報

昨日未明から晴れて、強い風が朝まで吹き(6〜8m/s)、花粉の飛散は明け方には減少に転じましたが夜間は超大飛散でした。はなこさん(環境省花粉観測システム)でも、この大飛散が読み取れました。
都心は明け方には落ち着きましたが、その後も北関東の飛散が目立ちました。日中は比較的穏やかに飛散しましたけれど、夕方から再び飛散数が急増しました。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
PM11:00〜AM11:00 189.5 0.6 1.2 42.1
AM11:00〜PM11:00 77.2 0.0 0.9 19.5
3/3 total 266.7 0.6 2.1 61.6

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉266.7個/cm2(極めて多い)、ヒノキ花粉0.6個/cm2でした。その他の花粉はシラカンバ0.9個/cm2、不明1.2個/cm2で、計2.1個/cm2でした。当院のKH-3000の測定値は61.6個/m3/時(極めて多い)でした。
日本気象協会の品川区のスギ花粉飛散予想は、本日は「やや多い」でした。明日の天気予報は「曇りのち雨」なので「少ない」です。とはいえ、まだ気を緩めないで下さい。

スギ花粉

シラカバ花粉

花粉自動計測器(KH-3000)


2021年3月3日-1 花粉情報

昨夜から未明にかけて、当院のKH-3000の測定値が急増いたしました。スギ花粉の大飛散が考えられましたので、本日午前11時にプレパラートの交換を行い、本日午前中半日の花粉測定を行いました。スギ花粉は半日で189.5個/cm2観測されました。これだけで、今シーズンの飛散数の多さでTOP3に入ります。昨夜の心配が的中してしまいました。皆様、最大の注意、対策をお願いいたします。

観測結果(個/cm2/日:2021年)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
PM11:00〜AM11:00 189.5 0.6 1.2 42.1

2021年3月2日-2 花粉情報

昨夜から雨が続き、夜間は強い風が吹くも(7〜10m/s)、花粉の飛散はなく、はなこさん(環境省花粉観測システム)も、関東は夜間飛散した形跡はありませんでした。その後は降ったり止んだりと、スギ花粉も飛んだり飛ばなかったりとしましたが、夜も強い風が続き(7〜8m/s)、雨が止むとスギ花粉が大飛散しました。

観測結果(個/cm2/日:2021年3月2日)

観測期間 スギ ヒノキ その他 自動
PM11:00〜AM11:00 0.6 0.0 0.0 0.2
AM11:00〜PM2:00 13.0 0.0 0.0 2.2
PM2:00〜PM11:00 86.1 0.0 0.6 27.7

本日の測定結果、落下法ではスギ花粉99.7個/cm2(非常に多い)、ヒノキ花粉0.0個/cm2でした。シラカンバ0.3個/cm2、不明0.3個/cm2で、その他の花粉は計0.6個/cm2でした。当院のKH3000の測定値は30.1個/m3/時(非常に多い)でした。本日、夜に外出された花粉症の方には、厳しかったと思われます。日本気象協会の明日の品川区の予想は、天気は「晴れ時々曇り」、花粉は「多い」です。当地は、「極めて多い」となる可能性がありますのでご注意ください。

夜間から多く飛散しだした花粉

花粉自動計測器(KH-3000)


2021年3月2日-1 花粉情報

3月の飛散数(2001年以後:品川区.遠藤耳鼻科)

年 度 スギ ヒノキ その他
2001年 3821.3 113.8 352.5
2002年 3745.8 345.1 1480.9
2003年 2480.2 121 237.5
2004年 219.9 17 152.3
2005年 9105.2 126.9 188.9
2006年 634.3 45 168.2
2007年 810.9 113.8 518.1
2008年 2875.5 201.2 732.1
2009年 2851.1 124.8 478.6
2010年 1248.4 13.4 122.3
2011年 7641.1 215.6 617
2012年 1808.5 24.3 92.2
2013年 6179.4 998 2507.7
2014年 1190.4 283.3 528.8
2015年 2208.4 147.7 674
2016年 2968.8 229 625.9
2017年 1671.6 37.5 186.8
2018年 3727.7 2357.7 3518.4
2019年 3897.4 450.7 483.5
2020年 1036.9 230.3 463.1
2021年