月別: 2019年6月

2019年6月30日 花粉情報

6月24日〜30日の1週間は花粉の飛散はほぼ認められませんでした。
総数で5.6/cm2/週でした。その内、再飛散と思われるヒノキ花粉が0.3/cm2/週、マツの花粉が0.3/cm2/週、ソメイヨシノかセイヨウバラと思われる花粉が0.3/cm2/週、その他は私には分類できない花粉が数種でした。

これらの状況からみて、当地にお住いの方は、鼻アレルギー症状を呈したら花粉症の症状ではないことがわかります。ハウスダストアレルギーや感冒、副鼻腔炎などを疑われます。

ヒノキ花粉

マツ花粉

ソメイヨシノかセイヨウバラと思われる花粉

分類できない花粉

 


2019年6月29日 花粉情報

ほぼ一日雨でほんの一時曇りでした。


2019年6月28日 花粉情報

早朝に台風がかすめ去り、朝には晴れ間が出ました。来院した患者さんは少なかったものの、ほとんどの方が軽症でした。


2019年6月27日 花粉情報

曇り〜雨でした。やはり、患者さんの症状はほとんどの方が軽症、無症状でした。


2019年6月26日 花粉情報

晴れ一時曇りでした。晴れが二日続きましたが、患者さんの症状はほとんどの方が軽症、無症状でした。


2019年6月25日 花粉情報

久しぶりに晴れて、晴れたり曇ったりの1日でした。しかし、患者さんの症状は軽症のままで変わりませんでした。


2019年6月24日 花粉情報

雨が降り続く1日でした。月末が近く、来院する患者さんの数もこれまでよりかなり多かったものの、ほとんどの方が無症状でした。


2019年6月23日 花粉情報

23日までの1週間は、スギ花粉は観測されず、ヒノキ花粉0.3個/cm2、その他の花粉10.2/cm2とマツ花粉4.9/cm2、イネ科花粉、ブタクサ属、ヨモギ属、カナムグラ花粉は観測されませんでした。患者さんの症状は今週も穏やかでした。この1週間はやや強い風の影響でプラパラートの汚れが極めて強く、汚れの中に花粉が僅かに観測されるという鏡検像でした。

6月17〜23日前でのプレパラート


2019年6月22日 花粉情報

雨一時曇りの1日でした。いよいよ梅雨という天気でした。


2019年6月21日 花粉情報

晴れ一時曇りの1日でした。日中の気温が高く、温度差の大きな1日でもありました。


2019年6月20日 花粉情報

晴れのち曇りの1日でした。本日も、アレルギー患者さんの方は抗原の種類に関わらず、ほとんどの方が症状を訴えることはありませんでした。


2019年6月19日 花粉情報

梅雨とは思えないような晴れが続く一日でした。患者様の症状も皆さん穏やかでした。


2019年6月18日 花粉情報

本日も日中は晴れて暖かな一日でした。花粉症患者さんのほとんどが無症状でした。


2019年6月17日 花粉情報

16日までの1週間の飛散花粉数は、スギ、ヒノキ花粉各0.6個/cm2、イネ科花粉1.2個/cm2、カナムグラ花粉が疑われた花粉1.5個/cm2でした。

症状を訴える方は少なく、症状のある方の多くは、室内塵の反応陽性の方でした。本日は穏やかに晴れて、久しぶりに気温が上がりました。患者さんの症状もほとんどの方が軽症または無症状でした。


2019年6月16日 花粉情報

一転晴れて暖かな一日でした。この1週間(6/10〜16)では上記以外にその他として10.2個/cm2の花粉が観測されました。これらの内マツが4.3個、ハンノキが0.9個/cm2でした。

この時期に飛散する花粉は良く似た花粉が多く、判別が大変難しいため、精度には自信がありません。ただ、多くの患者さんが症状を訴えていませんので、当地では発症に足る飛散数にはなっていないようです。