カテゴリー: 未分類

2019年6月9日 花粉情報

午前中は曇り時々小雨、その後は小雨の続く一日でした。スギ、ヒノキ花粉は0.0/cm2、その他の花粉は0.9/cm2(マツ0.3個、マツ以外0.6個)でした。
本日は雨で日曜日で交通量も少ないことからか、花粉自動計測器の測定値は4.8/m3/時と低値でした。

プレパラートは大変に綺麗でした。花粉自動計測器(KH-3000)は、明日からオーバーホール、メンテナンスとなります。

今シーズンは、冬季にスギ花粉がどのように飛散するのか、スギ、ヒノキの飛散はいつまで続くか。この2点を確認するために観測を続けました。
飛散終了が今シーズンは特に遅く、昨年111日から本日まで連日観測していました。花粉飛散も落ち着いたため、今後は1週間毎に観測結果を報告したいと思います。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年6月8日 花粉情報

ほぼ一日曇り空が続きました。スギ、ヒノキ花粉は0.0/cm2、その他の花粉が2.2/cm2(マツ1.5/cm2、マツ以外0.7/cm2)でした。昨日の引き続き、花粉の飛散もほとんど見られませんでした。
花粉自動計測器の測定値も6.0/m3/時と低値でした。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年6月7日 花粉情報

9日振りの雨となりました。午前中は曇り空で、その後雨が降り出しました。本日、関東地方が梅雨入りしたようです。

顕微下では、スギ、ヒノキ花粉は0個/cm2、その他の花粉が15.4個cm2(マツ花粉が7.1個/cm2、不明な花粉が4種類で8.3個/cm2)観測されました。

花粉自動計測器は、マツのような大きな花粉は感知しないようです。

様々な花粉

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年6月6日 花粉情報

一日晴れて急激に気温が上がりました。昨日までと比較すると花粉の飛散数が多くなりました。スギ花粉は再飛散と思われる花粉が0.6/cm2観測されました。ヒノキ花粉は0/cm2mその他の花粉は15.7/cm2(マツが8.6個/cm2、イネ科が0.9個/cm2、不明6.2個/cm2)でした。

当地はイネ科花粉はさほど多くなさそうです。
花粉自動計測器の測定値は25.7/m3/時でした。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年6月5日 花粉情報

一日曇り空が続きました。気温が下がり、暑さはありませんでした。本日は、各地で大荒れの天気であったようで、荒天のニュースが飛び交いました。

スギ、ヒノキ花粉は観測されず、その他の花粉が5.9/cm2(マツ花粉2.2個/cm2、イネ科花粉0.3個/cm2、ソメイヨシノと思われる花粉0.3個/cm2、不明3.1個/cm2)観測されました。
花粉自動計測器の測定値は、13.9/m3/時でした。

本日確認された花粉。ソメイヨシノ花粉でしょうか?

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年6月4日 花粉情報

6月は連日穏やかな日々が続いています。本日もスギ、ヒノキ花粉は観測されず、その他の花粉が4.3/cm2(マツが1.9個/cm2、マツ以外が2.4個/cm2)観測されました。

患者さんの症状はほとんどの方が穏やかです。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年6月3日 花粉情報

本日も穏やかな一日でした。スギ、ヒノキ花粉は観測されず、その他の花粉も僅か3.4個/cm2(内3.1個/cm2はマツ花粉)でした。

当地にお住いの方で本日鼻の症状を訴えた方は、花粉以外の原因か感染症ということになります。過去、この時期まで観測を続けたことがなく、この時期にこれほど飛散花粉が少ないとは考えていませんでした。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年6月2日 花粉情報

曇りのち晴れでしたが引き続き穏やかな一日でした。
本日もスギ、ヒノキ花粉は観測されず、その他の花粉が13.0/cm2観測されました。マツ9.3/cm2、マツ以外3.7/cm2でした。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年6月1日 花粉情報

晴れ一時曇りの穏やかな一日でした。花粉はスギ、ヒノキは観測されず、その他の花粉が5.6/cm2(マツ2.5個/cm2、マツ以外3.1個/cm2)観測されました。

花粉自動計測器の測定値は、11.2/m3/時でしたので、2日連続で大変少ない飛散数でした。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年5月31日 花粉情報

一日曇り空が続き急に気温が下がりました。スギ、ヒノキ花粉は観測されず、その他の花粉が5.6/cm2(このうち、マツが3.1個/cm2)でした。

花粉自動計測器は花粉をほとんど感知せず、測定値は11.1/m3/時にすぎませんでした。

今シーズンの飛散終了はスギ、ヒノキ共に大変遅く、5月末まで観測を続けたのは、観測歴35年で初めての経験となりました。

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年5月30日 花粉情報

晴れのち曇りで、暑さが戻った一日でした。雨上がりは花粉の飛散が多くなるとの例え通り、本日はその他の花粉が75.0/cm2(大半がマツの花粉で54.9個/cm2)と多く飛散しました。スギ花粉は0.6/cm2、ヒノキ花粉は0個/cm2でした。

久しぶりにスギ花粉が観測されました。近隣の高速道路(地下道)などに残っていたものと思われます。

花粉自動計測器の測定値は30.8/m3/時でした。松のような大きな花粉は、計測されていないものと推測されます。

マツ花粉

スギ花粉(おそらく再飛散のもの

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年5月29日 花粉情報

今シーズンはヒノキの終息が遅かったのは、当地だけではなかったようです。昨日は天候が荒れ模様でしたので、無一日観測を続けました。スギ、ヒノキとも0/cm2で、その他の花粉は20.1/cm2(内マツ13.3/cm2)でした。

花粉自動計測器の測定値も11.4/m3/時と少数でした。

測定年別の花粉飛散状況


2019年5月28日 花粉情報

めまぐるしく天気が変わった1日で、一日曇り空にやや強い風が吹きました。
顕微鏡下での測定は、スギ、ヒノキ花粉共に0.0/cm2でした。また、その他の花粉は38.9/cm2で、その内13.0/cm2がマツ花粉でした。

ヒノキ花粉飛散のない日が3日間続きましたので、規定に従い525日が本年のヒノキの飛散終了日となります。平成以後の最も遅い飛散終了でした。

花粉自動計測器での測定値は、28.2/m3/時と花粉の飛散は少ないとの表示でした。

測定年別のヒノキ飛散状況

花粉自動計測器(KH-3000)


2019年5月27日 花粉情報

晴れて暑い日々が続いています。スギ、ヒノキ花粉は観測されませんでした。ヒノキ花粉が明日も0個/cm2ならば、25日が飛散終了日となります。その他の花粉は17.9/cm2で、その7.7/cm2はマツ花粉でした。

花粉自動計測器(KH-3000)