2020年3月20日 花粉情報

スギ花粉29.6個/cm2、ヒノキ花粉32.4個/cm2、計62.0個/cm2で、「非常に多い」飛散でした。その他の花粉が41.7個/cm2(ハンノキ2.8個/cm2、シラカンバ3.1個/cm2、オオバシャブシ0.0個/cm2、マツ0.0/cm2、不明35.8個/cm2)でした。気温が上がるとその他の花粉の飛散が増えます。

昨日の雨は深夜に上がり、早朝には晴れ、早朝から午前中にかけて強い風が吹き、(日本気象協会)自動計測機 KH-3000の測定値は早朝から急上昇しました。スギ、ヒノキ花粉の観測値は顕微鏡下でも多く、風のため砂塵などの汚れも目立ちました。

昨日も晴れ(日照時11.0時間)、気温は上がり(平均14.6℃、最高22.0℃)、暑いくらいで乾燥が進み(湿度65%、最小湿度35%)、花粉が多く飛散すると思われました。
スギ、ヒノキが飛散して、今シーズンはじめてスギとヒノキの飛散数が逆転しました。

ヒノキ花粉

様々な花粉

花粉自動計測器(KH-3000):測定値48.7個/m3/時